「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

マネジャーの仕事〜チームが機能するヒント〜/田中和彦

第26回「Z世代新入社員の5月病対策」

人材育成や評価、意思決定など、マネジャーにはさまざまな役割が求められます。マネジャーに必要な視点や考え方、心の持ち方などについて考察します。(2023年5月25日)

< 1 2 3 >
「5月病」が、5月だけに限らなくなった理由

 5月のゴールデンウィークが明けると、新入社員の中に、やる気が出ず、倦怠感などに襲われ、会社に出社する意欲が湧かなくなるという人が出てきます。いわゆる「5月病」と呼ばれるものです。医学的には、適応障害やうつ病と診断されることもあります。

 そんな話をすると、最近では「田中さん、うちの会社じゃ、新人に限らず、もう年中病ですよ」みたいな声が少なからず返ってきたりします。そういう時代なのかもしれませんね。

 新入社員の場合、入社後に緊張感で張りつめていたものが、少し長い休みによって、プツンと糸が切れたような状態になるわけですが、緩んだ糸をもう一度ピンと張るのはなかなか難しいものです。





 休暇中に、「今のこの仕事にどんな意味があるんだろう?」「自分はなぜこの仕事をしているんだろう?」「目の前の仕事は、自分に本当に向いているんだろうか?」など、仕事や働くこと自体に根本的な疑問を抱きがちなのです。

 若い部下の「自分の担当する仕事にどんな意味があるのか?」という疑問に対して、「そんなことグダグダ言ってないで、とにかく言われたことをやればいいんだよ」というアプローチでは、部下は立ち直るどころか、ますますモチベーションを下げてしまいます。

 とりわけZ世代の新入社員は、上司や先輩たちからの高圧的な態度、精神論や理不尽な要求に対しては、あからさまな拒絶態度を示す傾向があります。また、社会問題にも高い意識があるため、「自分の仕事がどう社会に影響を与えるか?」「世の中にどう貢献できるのか?」などへの関心が強く、仕事の意義や目的を伝えることが、大きな動機付けになるのです。

 もしかしたら「5月病」が、5月だけに限らなくなったのは、上司が部下に対して、しっかりと仕事の意義や目的を伝えていないからかもしれません。


※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>



●文/田中和彦(たなか かずひこ)
株式会社プラネットファイブ代表取締役、人材コンサルタント/コンテンツプロデューサー。1958年、大分県生まれ。一橋大学社会学部卒業後、人材サービス関連企業に入社し、情報誌の編集長を歴任。その後、映画配給会社のプロデューサー、出版社代表取締役を経て、現在は、「企業の人材採用・教育研修・組織活性」などをテーマに、“今までに2万人以上の面接を行ってきた”人材コンサルタント兼コンテンツプロデューサーとして活躍中。新入社員研修、キャリアデザイン研修、管理職研修などの講師や講演は、年間100回以上。著書に、『課長の時間術』『課長の会話術』(日本実業出版社)、『あたりまえだけどなかなかできない42歳からのルール』(明日香出版社)、『時間に追われない39歳からの仕事術』(PHP文庫)、『仕事で眠れぬ夜に勇気をくれた言葉』(WAVE出版)など多数。
連絡先:info@planet-5.com
< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

マネジャーの仕事/田中和彦

[第35回「男性部下からの育休申請に、どう対処すればいいか?」]
人材育成や評価、意思決定など、マネジャーにはさまざまな役割が求められます。マネジャーに必要な視点や考え方、心の持ち方などについて考察します。

判例に学ぶ労使トラブルの処方箋/岡正俊

[労働条件通知書の記載と職種限定契約〜K事件(京都地裁平成30.2.28判決、労判1177号19頁)〜]
近年、労働関係の訴訟は社会的関心が高まり、企業にとって労使トラブル予防の重要性は増しています。判例をもとに、裁判の争点や予防のポイントなどを解説します。

時事トピックス

[一般労働者の平均賃金は月31万8,300円、30年ぶりの高水準]
人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどをピックアップしてご紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook