「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

時事トピックス

就活生3割、男女差別を感じたことがある

人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどをピックアップしてご紹介します。(2023年6月22日)

●就活生の3割、男女差別を感じたことがある
 日本労働組合総連合会は「就職差別に関する調査」を実施し、結果を発表しました。
調査は2023年4月1日〜4月4日の4日間、インターネットリサーチにより実施。最近3年以内に就職のための採用試験(新卒採 用試験、または中途採用試験)を受けた全国15歳〜29歳の男女1,000名の有効サンプルを集計。

<結果のポイント>
・採用試験の面接で質問されたことがあるものは「転勤ができるかどうか」43.3%(前回42.3%)、「残業や休日出勤ができるかどうか」42.8%(同34.7%)など

・「就職活動をしていて“男女差別”を感じたことがある」は32.8%。 感じた男女差別の1位は「男女で採用職種が異なっていた」(39.6%)、次いで「採用予定人数が男女で異なっていた」(36.9%)

⇒詳しくは日本労働組合総連合会のWEBサイトへ(就職差別に関する調査2023【PDF】)





●副業をしている人6.0%、最多理由「収入を増やしたいから」54.5%
 独立行政法人労働政策研究・研修機構は、「副業者の就労に関する調査」の結果を発表しました。
調査実施期間:令和 4(2022)年10月3日〜10月13日
調査対象:「無職」の者を除く18 〜64歳の男女。「仕事は2つ以上(副業をしている)」と回答した1万1,358人を「副業者」として集計。「仕事は1つだけ」と回答した「本業のみの者」も、参考数値として2,182 人の回答を集計

<結果のポイント>
・仕事をしている人のうち、副業をしている人の割合は6.0%、男性(5.1%)よりも女性(7.4%)で高い

・副業をしている人について、本業の就業形態は「非正社員」が41.0%でもっとも割合が高く、「正社員」が 38.1%、「非雇用者」が20.9%

・副業する理由(複数回答)は、「収入を増やしたいから」 54.5%で最多、次いで 「1つの仕事だけでは収入が少なくて、生活自体ができないから」(38.2%)、

⇒詳しくは独立行政法人 労働政策研究・研修機構のWEBサイトへ(副業者の就労に関する調査【PDF】)



●令和4年度労災死亡者数・過去最少、休業4日以上の死傷者数は過去20年で最多
 厚生労働省は、令和4年の労働災害発生状況を公表しました。

<結果のポイント>
・令和4年1月〜12月までの労働災害による死亡者数(新型コロナウイルス感染症へのり患によるものを除く)は774人(前年比4人減)と過去最少。休業4日以上の死傷者数は132,355人(同1,769人増)と過去20年で最多

・事故の型別では、特に死傷者数が最多の「転倒」が35,295人(前年比1,623人・4.8%増、平成29年比6,985人・24.7%増)、腰痛等の「動作の反動・無理な動作」が20,879人(同103人・0.50%増、同4,702人・29.1%増)を合わせて全体の4割超



<最新雇用指標(2023年4月)> ※数値は季節調整値

◆令和5年4月一般職業紹介状況(厚労省)
有効求人倍率:1.32倍(前月比同)
新規求人倍率:2.23倍(前月比0.06ポイント低下)

◆令和5年4月労働力調査(総務省統計局)
完全失業率:2.6%(前月比0.2ポイント低下)
完全失業者数190万人(前年同月比2万人増、2カ月連続増加)

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[5年後の平均時給を予測する]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

応募者を見極める選考基準の新常識/奥山典昭

[第5回「発言量で、重要な能力を測ることはできない」]
採用選考の常識や通念はアップデートされずに根付いているものが多く、合理性を伴わないものも少なくありません。既成概念から脱し、自社に必要な人を採用するための、新しい考え方や知識を解説します。

現場を困らせる問題スタッフ対処法/岡本文宏

[第11回「要領が悪く仕事が遅いタイプ」]
職場によくいる問題スタッフを「どのようにマネジメントすればいいのか?」、具体的な対処法をタイプ別に事例を交えて解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook