「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

介護現場で2年間退職者ゼロを実現した定着ポイント/森崎のりまさ

第5回「評価ではなく、感謝を伝える」

既存スタッフや採用したスタッフに定着してもらうために、企業は「どんなことを考えればいいのか」「何を準備をすればいいのか」などを解説します。(2023年8月31日)

< 1 2 >
感謝を伝える

 人事考課のように評価基準があり、各項目を数値で評価する場合は別として、日常的にスタッフを評価する際に心がけてほしいことがあります。それは、「評価を感謝で伝える」ということです。

 評価は「上から目線で言われた」と受け止められやすく、相手からは「できていないクセに! あなたには言われたくない!」などと、その場で言葉には出さなくとも心の中で思われてしまう場合があります。相手のために伝えたつもりでも、評価で伝えたことによって信頼関係が崩れてしまうことがあるのです。





 実際、私も老人ホーム施設長を務めていたころに、スタッフにできていることと、まだまだなところを気づくたびに伝えていました。すると、私の前で「はい」と返事をするのですが、私のいないところでは愚痴を言っていたようです。そして、つべこべ言われたくないスタッフは少しずつ私から離れていき、最終的にコミュニケーションが取りにくくなってしまいました。そのため、日常的に伝える場合は「評価」ではなく、「感謝」という視点で伝えましょう。


自分と他人の当たり前は違う

 感謝とは何でしょうか? それは、やってくれたことに対するねぎらいです。「仕事は、やることが当たり前なのに、やってくれたことに感謝する必要があるのか?」と考える人がいるかもしれませんが、実は個々に思う「やって当たり前」は一致していないのです。

 例えば、あなたは消耗品のストックが減っていることに気づき、補充したとしましょう。これは、あなただから気づくことができたのであって、他のスタッフだと数日たって気づいたり、あなたが補充したことすら気づかないなんてことが往々にしてあるのです。

 個々の特性によって、自分にとっては当たり前と思う仕事でも、他者にとって当たり前ではないことがたくさんあります。自分にとって当たり前に感じることでも、やってくれたことで助かったのであれば、意識的に感謝の気持ちを伝えましょう。すると、相手にとって頑張った行動であった場合、「上司が私の頑張りに気づいてくれた! 分かってくれた!」となるわけです。

 普段から評価ばかりしていると、相手は「いつも見られている」感覚を持ち、嫌がられてしまうかもしれません。しかし、感謝を伝えると「いつも見てくれている」感覚を持つので、モチベーションアップはもちろんのこと、信頼関係も築くことができます。
※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>
につづく


●文/森崎のりまさ(もりさき のりまさ)
職場いきいきコンサルタント。22歳から介護業界で働き始め、約20年間、現場に携わる。介護福祉士やケアマネジャーなどの資格を取得し、訪問介護管理者、老人ホーム施設長を経験。施設長を務めていたとき、一般的に離職率が高いといわれる介護施設で「2年間退職者ゼロ」を実現する。2021年、これまでの実績と経験を活かし、『仕事=楽しい』に変える職場いきいきコンサルタントとして独立。企業の社員研修や社員面談などを請け負い、職場の環境改善に尽力している。著書に『退職者を出さない管理者が必ずやっていること』(産学社)Amazonランキング人事部門1位。インターネットラジオ局『ゆめのたね放送局関西チャンネル』のラジオ番組『今日も明日もポジッピー』パーソナリティ。
https://positivehappy.jp/
https://twitter.com/norimorisaki
< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

ココロの座標/河田俊男

[第97回「仕事が遅い理由」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

事例で考える困ったときのマネジメント対応/山田真由子

[第1回「セクハラを受けていると相談されたら」]
働き方や価値観が多様化する中、マネジメントは個別対応が求められています。さまざまな事例から、マネジャーに求められる対応を解説します。

人材育成のツボ

[組織の生産性向上へのカギ、「EQ」について考える]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook