「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

現場を困らせる問題スタッフ対処法/岡本文宏

第11回「要領が悪く仕事が遅いタイプ」

職場によくいる問題スタッフを「どのようにマネジメントすればいいのか?」、具体的な対処法をタイプ別に事例を交えて解説します。(2024年2月13日)

< 1 2 >
 同時期に入社した他のスタッフに比べて、仕事の覚えが悪く、作業スピードも遅く、ミスをすることが多い、一言で言えば、“要領が悪い”スタッフがいると、うまく業務が進められず、ストレスを感じますよね。
 このタイプの仕事の取り組み方を観察していると、「無駄な動きが多い」ことが分かります。例えば、飲食業のスタッフで、料理を配膳したときに、手ぶらで帰ってくるのがこのタイプです。





 本来は料理を配膳する際は、テーブルの上にある、空いているお皿やグラスを引いて、厨房へ戻ってくるのがあるべき姿です。また、そのときにお客さまへ「お飲み物の追加はいかがでしょうか?」と一言声を掛けることも併せて行います。

 このように、業務を行う際、1つだけの作業で終わらせるのではなく、他にも同時にできることを見つけて行うことで、生産性を上げていかなければなりませんが、要領の悪いタイプはこれができないのです。
料理を配膳する、空いている皿を下げる、飲料の追加オーダーを受けることを、1つずつ行うので、他の人の3倍の時間が掛かってしまうのです。どうすればいいのでしょうか?


正しいやり方を習得し、できることを増やす

 どの現場でも、入社したらすぐに新人研修が行われますが、人手不足の状況が続く中で、教育の時間がどうしても短くなりがちです。研修で大枠を教えた後は「分からないことがあったら、その都度質問してね!」と言って、現場に立たせるケースが増えています。言わば、ぶっつけ本番ということです。

 要領の悪いタイプは、総じて物事の習得スピードが遅い傾向にあります。かつての筆者自身がそうでした。それを自覚していたので分からないことがあれば、研修のときに分かるまで質問したり、何度もやり方を教えてもらったりして、なんとか同期に追いつくようにしていました。でも、今はなかなか、そういうことがやり難いというのが実情です。トレーナー役のスタッフも、研修以外の仕事を大量に抱えているので、できないスタッフに、付きっきりになってフォローすることができないのです。
 そうなると、正しい業務のやり方を理解しないまま、仕事をすることになってしまいます。

 新人には、「バディ」と私が呼んでいる、サポート役を付けることをお薦めします。バディは、新人とコミュニケーションを頻度多く取り、悩みや相談を受けるのが役割です。新人の状況を把握するため、短い時間(15分程度)でよいので、個別ミーティングを定期的に行い、現状を把握してトレーナーと連携を図ります。
 分からないことが減り、仕事の正しいやり方を理解し、習得できていることが増えれば、要領の悪さは徐々に改善されていきます。
※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>


●文/岡本文宏(おかもと ふみひろ)
メンタルチャージISC研究所株式会社代表取締役、繁盛企業育成コーチ
アパレル店勤務、セブンイレブンFC店経営を経て、2005年メンタルチャージISC研究所を設立。中小企業経営者、エリアチェーンオーナー、店長などに向けた小さな組織の人に関する問題解決メソッドや、スタッフを活用して業績アップを実現する『繁盛店づくり』のノウハウを提供している。『人材マネジメント一問一答』(商業界)、『店長の一流、二流、三流』(明日香出版)、『繁盛店のやる気の育て方』(女性モード社)など著書多数。
https://okamotofumihiro.com/
< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

ココロの座標/河田俊男

[第97回「仕事が遅い理由」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

事例で考える困ったときのマネジメント対応/山田真由子

[第1回「セクハラを受けていると相談されたら」]
働き方や価値観が多様化する中、マネジメントは個別対応が求められています。さまざまな事例から、マネジャーに求められる対応を解説します。

人材育成のツボ

[組織の生産性向上へのカギ、「EQ」について考える]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook