「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

マネジャーの仕事〜チームが機能するヒント〜/田中和彦

第36回「部下からナメられないようになるためには?」

人材育成や評価、意思決定など、マネジャーにはさまざまな役割が求められます。マネジャーに必要な視点や考え方、心の持ち方などについて考察します。(2024年3月21日)

< 1 2 3 >
部下から信頼を勝ち取るためのシンプルで効果的な方法

 ある官公庁の女性職員の方(まだ20代後半のいわゆるキャリア組の優秀な方です)からこんな相談がありました。
「去年からある部署のリーダー的な立場になり、マネジメントを任されるようになりました。部下の人たちは自分よりも経験豊かな年上の方ばかりです。自分の年齢的なものもあって、部下の方からナメられてしまっているような気がしてなりません。どうすれば、信頼される存在、一目置かれるような上司になれるでしょうか?」

 確かに、目の前の女性は、いわゆる童顔で、こういう人が、例えば40歳代の男性部下を従えていくのも大変だろうなという気はしました。





 ひと言で答えるには難しい質問ではあるのですが、「効果的な方法はあります。しかも、それには特別なスキルも知識も経験も必要なく、今すぐにやろうと思えば誰にでもできるシンプルな内容です」
 そう言うと、彼女は目を輝かせながら、身を乗り出してきました。しかし、それから私のお伝えした内容があまりにも普通のことだったので、すぐにガッカリした表情に変わりました。

 今までも、新任管理職研修などで「部下から一目置かれるにはどうすればいいか?」という質問に対しては、この方法をお伝えしてきました。彼女と同じように、関心を持った後、落胆した受講者の人たちに、過去の事例などを説明し、「まあ、だまされたと思って、やってみてください。1カ月続いたら、部下からのあなたを見る目が徐々に変わってきますから」と言うと、その中から必ず何人かはチャレンジしてくれます。

 そして、2、3カ月すると、実行してくれた方から「効果がありました! 田中さんの言っていることがよく分かりました。間違いのない方法だと思います」と、メールが来たりします。実際にこの方法を実践した人は、例外なくその効果を実感してくれるのです。

 なんだかもったいぶっているように思われるので、その「誰にでもすぐに実行できて、最も効果のある方法」について話を進めることにしましょう。


※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>



●文/田中和彦(たなか かずひこ)
株式会社プラネットファイブ代表取締役、人材コンサルタント/コンテンツプロデューサー。1958年、大分県生まれ。一橋大学社会学部卒業後、人材サービス関連企業に入社し、情報誌の編集長を歴任。その後、映画配給会社のプロデューサー、出版社代表取締役を経て、現在は、「企業の人材採用・教育研修・組織活性」などをテーマに、“今までに2万人以上の面接を行ってきた”人材コンサルタント兼コンテンツプロデューサーとして活躍中。新入社員研修、キャリアデザイン研修、管理職研修などの講師や講演は、年間100回以上。著書に、『課長の時間術』『課長の会話術』(日本実業出版社)、『あたりまえだけどなかなかできない42歳からのルール』(明日香出版社)、『時間に追われない39歳からの仕事術』(PHP文庫)、『仕事で眠れぬ夜に勇気をくれた言葉』(WAVE出版)など多数。
連絡先:info@planet-5.com
< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

ココロの座標/河田俊男

[第97回「仕事が遅い理由」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

事例で考える困ったときのマネジメント対応/山田真由子

[第1回「セクハラを受けていると相談されたら」]
働き方や価値観が多様化する中、マネジメントは個別対応が求められています。さまざまな事例から、マネジャーに求められる対応を解説します。

人材育成のツボ

[組織の生産性向上へのカギ、「EQ」について考える]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook