「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

新卒採用のゲンバ

2016新卒採用活動の7つの傾向

新卒採用をテーマに市場動向や学生の意識、企業の取り組みなどについて解説します。今回は、企業の採用活動について科学的観点からアプローチする新しい学問『採用学』の第一人者である、横浜国立大学大学院の准教授、服部泰宏さんにご執筆いただきます。

< 1 2 >
 経団連加盟企業が、2016年卒の大学生・大学院生を対象に面接(面談ではなく)などの選考を始める(正確に言えば始めることになっている)8月がやってきました。「8月1日に第1次面接から最終面接まで、一気に受けさせられた」「昨日までは『面談』という言葉を使っていたけれど、8月に入った途端に『面接』という言葉が使われだした」などなど、私のところには、ゼミ生たちから毎日のように報告があり、研究者としても、教師としても、なんだか落ちつかない毎日を過ごしています。


 昨年の秋ごろに、2016年卒採用においては、,海譴泙任汎韻犬茲Δ奮萋案睛討髻△海譴泙任箸楼磴辰織織ぅ潺鵐亜△海譴泙任箸楼磴辰人住察Ε螢宗璽糠枴で行うことになる(つまり、採用活動のマイナーな修正を行う)企業群と、△海譴泙任箸倭瓦異なり、新しい採用に取り組む(つまり、採用活動のイノベーションを起こす)企業群が発生するが、A澗里粒箙腓埜世┐弌大企業を中心に、,隆覿箸圧倒的多数になるはずである、しかも、ぞ綉の△隆覿箸涼罎砲癲∈陵儚萋阿鬟瓮献磧爾塀だ気鮃圓辰燭茲Δ妨えて、実はそうでもない、いわば「擬似イノベーション」や「他社の単純な模倣」がまぎれているだろう、というような予測を行いました。



 もちろん、全て予想どおりになったわけではないのですが、おおよそ、上記のような具合になったのかなと思います。2016年採用で何が起こったのかという最終的な総括は、まだこの時点ではできませんが、現在、私そして服部研究室が関心を持っているのが「結局、どれほどの新しい採用が登場したのか」、そして「それはなにをもたらしたか」ということです。いままさに、大学院生たちと取り組んでいる課題なのですが、現時点で分かっているだけでも、おおよそ、7つくらいの傾向が見て取れるかと思います。



NOT○○

 「面接をやめた!」「エントリーシートを廃止!」というように、既存のあり方の否定によって、あるいはそれとの差異を強調することで、新しさを打ち出す企業群。

入り口の多様化

 「ES→適性試験→面接」というパターン化されたフローではなく、複数の入り口、複数のフローを設定する企業群。多くの場合、そうした複数の入り口一つ一つが、企業がほしい人材像なり能力要件に対応していて、結果として、多様な人材を取り込めるような仕組みになっている。

採用要件の明示

 「こういう人に来てほしい」あるいは「こういう人はいらない」ということを、会社側が明確に示す、あるいは、なんらかの方法で、エントリーの敷居を高くすることで、エントリーする求職者の人数を抑制する企業群。集まってくる母集団の質の高さ、密度の高さを意図したもの。

ず陵僖侫蹇爾痢屮┘鵐拭璽謄ぅ鵐瓮鵐伐宗

 求職者にとって就職とは、「つらくて険しい道のり」なのだけれど、その就職を、少しでも楽しくて、ワクワクするものにしようという企業群。採用フロー全体にエンターテインメントの要素を取り入れることにより、求職者を引きつけ、フローからの脱落のリスクを減らす目的があると思われる。



※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です





●文/服部泰宏(はっとり やすひろ)

1980年神奈川県生まれ。横浜国立大学大学院国際社会科学研究院・同大学経営学部准教授。2009年神戸大学大学院経営学研究科マネジメント・システム専攻博士課程を修了し、博士号(経営学)取得。滋賀大学経済学部専任講師、同准教授を経て、2013年4月から現職。著書に『日本企業の心理的契約 増補改訂版:組織と従業員の見えざる約束』(白桃書房)などがある。
< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[行動あるのみ〜高齢就業者数、過去最高862万人〜]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第8回「チームの感情をコントロールする」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第32回 季節性インフルエンザの効果的な勤怠対応]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook