「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデムオリジナル調査

無期転換ルールの対応〜企業は? 有期労働者は? 最新調査報告

パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、当研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。

< 1 2 3 4 >

 労働契約法第18条による、無期転換権の本格的な発生が約1年後に迫っています。

 その時、有期雇用で働いていた労働者は、どのように考え行動するのか?
 企業は、どのように対応しようと考えているのか?
 人と仕事研究所で行なった調査をもとに確認していきたいと思います。

 

 

 

◆そもそも、無期転換権とは?

 

 平成24年、「有期労働契約の反復更新の下で生じる、雇止めに対する不安を解消し、また、期間の定めがあることによる不合理な労働条件を是正することにより、有期労働契約で働く労働者が安心して働き続けることができる社会を実現するため」を目的に労働契約法が改正されました。
 その時の改正項目の一つが「有期労働契約の期間の定めのない労働契約への転換(第18条)」でした。

 

 これは、有期労働契約で働いている労働者の労働契約が5年を超えて反復更新された場合、有期労働者に「無期労働契約に転換する権利」が生じる”というものです。

 

 この権利は、労働者からの申し出があれば、事業主は断ることはできません(裏をかえせば、「申し込みがなければ無期労働契約に転換する必要はない」ということでもあります)。

 平成25年4月1日に施行され、5年が経過する平成30年4月以降に「無期転換権」が本格的に発生し出すという訳です。

 

 

 

◆改正当時の企業の無期転換に対する考え方は?

 

 法律が施行された頃の企業の考え方は、どのようなものだったでしょうか。

 平成25年版パートタイマー白書(当所調査平成25年4月11日〜22日パート・アルバイトを雇用している企業916社)で行なった調査では、「申し出があれば希望者全員を無期労働契約に転換する」28.5%、「雇入れ時から無期労働契約とする」23.0%、「わからない」19.0% という結果でした。

 

 「申し出があれば転換する」といった積極的ではないものの、無期転換を回避する意向は強くない回答が最も多く、積極的に最初から無期転換するといった回答も多くありました。

 

 

>>詳しい調査結果本文は  無期雇用転換に関する調査 でご覧いただけます。

 

>>次ページ以降は..

◆現在、企業は、無期転換に対しどのように対応しようと考えているのか

◆法改正の内容「知らない」パート・アルバイト67.8%、契約社員38.1%

◆無期雇用になりたいか?

◆企業は無期転換後の待遇について消極的?

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です。

 

===========================

まだ間に合う!無期雇用転換対策セミナー

2018年に大量発生する「無期雇用転換」対応講座

 【日時】4/25(火)14:00〜16:00 【会場】大阪市

3つの「想定事例」から学ぶ「無期雇用転換」対策セミナー

 【日時】6/2(金)14:00〜17:00 【会場】柏市

===========================

 


 

文/岸川 宏(きしかわ ひろし)
アイデム人と仕事研究所 所長/社会保険労務士
大学卒業後、リゾート開発関連会社へ入社。飲食店部門での店舗運営を経験後、社会保険労務士資格を取得。社会保険労務士事務所にて、主に中堅・小規模企業の労務相談、社会保険関連手続きに従事した。
1999年、アイデム人と仕事研究所に入社。労働環境の実態に迫る情報提供を目指し、社内・外への情報発信を続けている。2015年4月より現職。

< 1 2 3 4 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

シゴトの風景

[第65回「第一志望の会社は、今?」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

問いから考えるパートアルバイト採用・定着

[第4回 新人トレーニングの主目的は「退職防止」]
パート・アルバイトスタッフを「いかに採用し、定着させるか」について、押さえなければならないポイントや、施策を考えるヒントなどを解説します。

人材育成のツボ

[今どきの新入社員とメンタルヘルス]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook