「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

わかりやすい仕事の教え方

第3回「自分のことを理解してもらう」

誰に対しても応用できる仕事の教え方について、わかりやすく解説します。教え方を学ぶことは、人材育成や定着の施策を考える上でも有効です。

 こんにちは。林博之です。前回、相互理解のためには「傾聴」と「観察」が必要だとお伝えしました。教える側が教える相手を知ろうという態度を見せれば、教わる側も教わる相手を知ろうという気持ちになるもの。相手にも自分のことを知ってもらってこその相互理解です。
 大切なのは、相手を知ろうという気持ちを表現することです。今回は、俳優のトレーニング方法でもある手法をお伝えしようと思います。

 


ポイント1/相手を知ろうという気持ちを表現する 

            
 以前、俳優が舞台上でコミュニケーションを取るために大事にしていることは、「相手と呼吸を合わせること」だとお伝えしました。そのためのトレーニング方法の1つに、「ミラーリング」というものがあります。2人1組になって行なうもので、お互いが向かい合わせに立ち、1人が「鏡」となり、相手のしぐさを鏡写しのようにまねるのです。

 

 
 動きをまねるためには、相手をしっかり見なければいけません。次に、相手がどうするかを注視することで、相手のことが見えてきます(余談ですが、学生時代にラグビーをやっていた方からミラーリングを使った練習方法があると教えていただきました。相手の動きを読んでタックルをするために役立ったそうです)。

 

 


ポイント2/同じしぐさをする

               
 心理学でいうミラーリングとは、相手と同じしぐさをすることで好意が増すというものです。例えば、お互いに座ってコーヒーを飲みながら話をしているとします。そのとき、相手がコーヒーを口に運んだら、数秒後に自分も同じようにカップを口に運ぶのです。
 これは「類似性の要因」というテクニックに基づいたものです。自分に価値観が似ている人と仲良くなる経験をした人も多いのではないでしょうか。

 

 


ポイント3/お互いに興味を持つ

            
 テクニックだけに頼っていては、相手に見透かされてしまうと思う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、テクニックを使ってでも「あなたの話が聞きたい」という気持ちは、必ず相手に伝わります。それが伝われば、相手もこちらの話を聞いてみたいという気持ちになるものです。
 人間は、自分のことを好きになった相手を好きになるという特性があります。これを「好意の返報性」といいます。お互いに興味を持つ。それが教え上手の道につながっています。

 

 


 

 

 ●文/林 博之(はやし ひろゆき)
ラーンフォレスト代表。俳優活動、ビルメンテナンス会社勤務を経て、行政書士の資格を取得。中小企業のサポートを行いながら、さまざまな研修を実施。認定SPトランプファシリテーター。
http://learn-forest.com/

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

マネジメント悩み相談室/田中和彦

[第16回「職場のドレスコードは本人ではなく周囲が決めるもの」]
マネジメントに関する悩みについての解決策を示したり、対処法などを解説します。

わかりやすい仕事の教え方/林博之

[第4回「相手と信頼関係を築く」]
誰に対しても応用できる仕事の教え方について、わかりやすく解説します。教え方を学ぶことは、人材育成や定着の施策を考える上でも有効です。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第4回 労働時間の「適正な管理運用」のポイント]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook