「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデムオリジナル調査

採用活動で、最も大切にしたいこと

パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、当研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。

< 1 2 3 >

10年前はどんな年?

 

 十年ひと昔という言葉があります。変化のスピードが激しい現代においては、10年前ともなると、かなり昔のことのように感じます。この10年で、雇用を取り巻く環境はどのように変化したのでしょうか。今回は、弊社で毎年発行している「パートタイマー白書」の昨年と10年前の調査を比較しながら(※)、採用活動をする上で大切なことを考えてみたいと思います。

 

※調査対象は異なります(平成19年版:詳細はコチラ、平成28年版:詳細はコチラ

 

 

 

 10年前は、どんな年だったのでしょうか。現政権を担う安部首相が、初めて総理に就任したのは2006年9月でした。戦後最年少(当時52歳)で、戦後生まれの初めての内閣総理大臣でしたが、2007年9月に健康問題を理由に辞任しています。

 

 企業に関わることで注目を集めたのは、食品関連の偽装問題(赤福、船場吉兆、ミートホープなど)が次々と発覚したことです。2007年は社会保険庁による年金記録問題、テレビ番組の捏造問題(「発掘! あるある大事典2」の打ち切り)などもあり、「今年の漢字」として「偽」が選ばれています。

 

 

 

パート・アルバイトを雇用する理由が変化

 

 まず、企業が「パート・アルバイトを雇用する理由」について聞いた調査を見ていきたいと思います。2007年発行の「平成19年版パートタイマー白書」では、「人件費が割安だから」が74.4%で最多です。以下「社会保険・雇用保険の負担が少ないから」36.8%、「正社員に比べて採用しやすいから」35.9%と続いています(図1)

 

 

■図1:【平成19年版】パート・アルバイトを雇用している理由(複数回答)

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

 


 

 

 

●文/三宅航太
アイデム人と仕事研究所 研究員。大学卒業後、出版社の営業・編集、編集プロダクション勤務を経て、2004年に株式会社アイデム入社。同社がWEBで発信するビジネスやマネジメントなどに役立つ情報記事の編集業務に従事する。人事労務関連ニュースなどの記事作成や数多くの企業ならびに働く人を取材。

< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

アイデムオリジナル調査

[パート採用の成否は、職場のムード(雰囲気)しだい?]
パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、当研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。

マネジメント悩み相談室/田中和彦

[第20回「育休明けの時短勤務社員に対しては、生活を守り切る姿勢を」]
マネジメントに関する悩みについての解決策を示したり、対処法などを解説します。

わかりやすい仕事の教え方/林博之

[第8回「育成ゴール」に向けてどんな仕事を与えるか?]
誰に対しても応用できる仕事の教え方について、わかりやすく解説します。教え方を学ぶことは、人材育成や定着の施策を考える上でも有効です。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook