「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

わかりやすい仕事の教え方

第6回「人脈マップの理論的背景」

誰に対しても応用できる仕事の教え方について、わかりやすく解説します。教え方を学ぶことは、人材育成や定着の施策を考える上でも有効です。

 前回、皆さんの人脈を見える化した「人脈マップ」を使用して、「周囲の協力を得て教えてください」とお伝えしました。今回は人脈マップの理論的背景をお伝えします。

 

 


学習とは?


 まず、皆さんに簡単なクイズを出します。「学習=○○」としたときに、○○に入る漢字2文字を考えてみてください。
 正解は1つではありませんが、さまざまな言葉が浮かぶのではないでしょうか。


 回答例として、最初にお示しする漢字は「参加」です。教わる側の人は、職場の「外」から「中」に入ってくる状態だと考えてください。つまり、教わる側の人は職場に「参加」しようとします。うまく参加するためには、その職場になじむことが必要です。

 

 言い方を変えると、職場に「染まる」ことです。染まるという言葉はともすればネガティブに感じる言葉で、教わる側は「会社に染められる!」「自分の個性がなくなる!」と葛藤を感じる時期があります。


 しかし、そのとき、信頼の要素(共通点・姿勢・能力)を満たした人がそばにいてくれると、職場に参加しやすくなります。このそばにいてくれる人のことを「いざなう人」と言います。

 

 

 

 


いざなう人


 いざなう人は、3つの手助けをしてくれます。それは、仕事を与えてくれる・ルールを教えてくれる・人を紹介してくれる、の3つです。


 教わる側が一番つらいことの1つに、やることがない、手持ち無沙汰ということがあります。何もやることがないというのはつらいですよね。そんなとき、いざなう人は現状でできる仕事を与えてくれるのです。


 2つ目は、会社のルールや仕事のやり方などを教えてくれます。その会社・業種特有の仕事の進め方や、いわゆる「業界の言葉」、社会人としてのマナーもそうですね。


 3つ目は、教わる側の人脈を広げてくれます。誰に何を聞いたら良いのか、誰が何に詳しいかを教えてくれるのです。このように、いざなう人のおかげで、教わる側の人はスムーズに職場に「参加」することができるようになります。

 

 

 

2人の他者


 いざなう人が人脈を広げてくれる中、「いざなう人以外では誰によく支援してもらったか」を聞いた調査があります。結果、「異質の他者(1)」と「同質の他者(2)」という存在が浮かび上がってきました。


 「異質の他者(1)」は、いざなう人とは、考え方が違う・部署が違う人でした。もう1人の「同質の他者(2)」は、教わる側の人と席が近い・年が近い・性別が一緒などの特徴がありました。


 次回に続きます。

 


 

 

●文/林 博之(はやし ひろゆき)
ラーンフォレスト代表。俳優活動、ビルメンテナンス会社勤務を経て、行政書士の資格を取得。中小企業のサポートを行いながら、さまざまな研修を実施。認定SPトランプファシリテーター。
http://learn-forest.com/

 

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

シゴトの風景

[第67回「家事をしない夫」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

問いから考えるパートアルバイト採用・定着

[第7回 定着は、最初にやってもらう仕事で決まる]
パート・アルバイトスタッフを「いかに採用し、定着させるか」について、押さえなければならないポイントや、施策を考えるヒントなどを解説します。

人材育成のツボ

[チーム力強化の秘訣]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook