「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

わかりやすい仕事の教え方

第8回「育成ゴール」に向けてどんな仕事を与えるか?

誰に対しても応用できる仕事の教え方について、わかりやすく解説します。教え方を学ぶことは、人材育成や定着の施策を考える上でも有効です。

職場全体で教える


 前回、部下に仕事を教え、「○年後にはこうなってほしい」「〇カ月後にはこの仕事ができるようになってほしい」という育成ゴールを設定してください、とお伝えしました。「Attitude(態度・姿勢)・Skill(技術)・Knowledge(知識)」の3点を設定し、できるだけ多くの職場メンバーと合意を図ることをお勧めします。


 ただ、中には「○○さんの育成はお前の仕事だろ」などと、教えることに非協力的な人も出てくるかもしれません。そういう場合は、職場の上長の協力を仰ぐことが肝心です。「職場全体で教える」という空気を作る、いわゆる「根回し」が大事ですね。

 

 

 

 

  

仕事に関わる人の数と仕事の種類


 では、その育成ゴールに向けてどんな仕事を与えていけばよいのでしょうか。仕事を考える際、次の2つの項目を意識してください。それは「関わる人の数」と「仕事の種類」です。


 関わる人の数は、「教わる側が1人でできること」「誘う人である皆さんが関わらないといけないこと」「ほかの職場メンバーと一緒にできること」の3つの観点から考えるとよいでしょう。


 仕事の種類は、ルーチン業務・突発業務・中期的課題の3つに分けて考えてください。突発業務は、いつ何が起こるか分かりませんが、いざというときにも対応できるように、余裕をもったスケジュールで仕事を与えてください。

 

 

 


仕事マップ


 与える仕事を「関わる人の数」と「仕事の種類」の2軸で考えることで、「育成ゴール」に向け、教わる側も安心して取り組めると思います。そして適切な時期に、適切な仕事を与えることで、教わる側は無理なく進んでいくことができます。


 ただこのとき、教える際に複数の人が絡むことによるデメリットとして、教わる側の「過負荷」にも留意してください。仕事を与え過ぎ、教わる側が優先順位を判断できない場合、どれから手をつければいいのか分からず、パニックになりかねません。


 ですから、誘う人であるわれわれは、仕事の交通整理をしてあげることも必要です。「どんな仕事を」「いつ与えるのか」ということを紙に書いて整理する、いわゆる「仕事マップ」を作成するのもお勧めです。


 ここまで、学習を「参加」として捉えてきました。次回は学習を「獲得」と捉え、「分かりやすい教え方」を具体的に見ていきたいと思います。

 

 


 

 

●文/林 博之(はやし ひろゆき)
ラーンフォレスト代表。俳優活動、ビルメンテナンス会社勤務を経て、行政書士の資格を取得。中小企業のサポートを行いながら、さまざまな研修を実施。認定SPトランプファシリテーター。
http://learn-forest.com/

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[5年後の平均時給を予測する]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

応募者を見極める選考基準の新常識/奥山典昭

[第5回「発言量で、重要な能力を測ることはできない」]
採用選考の常識や通念はアップデートされずに根付いているものが多く、合理性を伴わないものも少なくありません。既成概念から脱し、自社に必要な人を採用するための、新しい考え方や知識を解説します。

現場を困らせる問題スタッフ対処法/岡本文宏

[第11回「要領が悪く仕事が遅いタイプ」]
職場によくいる問題スタッフを「どのようにマネジメントすればいいのか?」、具体的な対処法をタイプ別に事例を交えて解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook