「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

monthly時事トピックス

男性の8割弱が育休取得を希望

人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどを月ごとにピックアップしてご紹介します。

< 1 2 >

□■最新雇用情勢(2018年1月分)□■

 

●労働市場データ
・有効求人倍率1.59倍(前月比同)
・新規求人倍率2.34倍(前月比0.04pt減)
・完全失業率2.4%(前月比0.3pt減)

 

●就業状態別人口

・就業者数6,562万人(前年同月比92万人増)で61カ月連続増加
・完全失業者数159万人(前年同月比38万人減)で92カ月連続減少

 

<資料出所>総務省「労働力調査」、厚生労働省「一般職業紹介事情」

 

 

 

 

□■労働時事ニュース・ピックアップ□■

 

●男性の8割弱が育休取得を希望
日本生産性本部は、2017年度の入社半年後の新入社員を対象としたアンケートを実施し、結果を公表しました。本調査は1991 年より継続的に行っており、今回が27 回目です。
調査によると、「子供が生まれたときには育児休暇を取得したい」との問いに、男性の79.5%が「そう思う」と回答し、質問をはじめた2011 年から春秋通じて過去最高となりました。「条件の良い会社があればさっさと移るほうが得だ」と思うかとの問いには、44.0%が「そう思う」と回答し、昨年は過去最高を記録しましたが(54.6%)、今年は低下しています。
→詳しくは日本生産性本部のWEBサイト

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

シゴトの風景

[第81回「社長からのメール」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

人材育成のツボ

[実は簡単? 驚くほど仕事がうまくいく「聴き方」]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。

ゼロから学ぶ人事評価/真田直和

[第3回「現実にあった制度の作り方〜現状分析編〜」]
人事評価制度は運用が難しかったり、形骸化するなど、実際に機能させるのは簡単ではありません。本コーナーは、実際の運用を念頭に置いた制度作りをゼロから解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook