「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

よくわかる評価制度の作り方

第2回「人事評価がうまくいかない5つの理由」

人事評価制度を作る上での基本的な考え方から、評価シートの作成方法、実際の運用までを分かりやすく解説します。

< 1 2 3 >

うまくいかないのはなぜ?

 

 実際に人事評価制度を運用している企業は、大抵「うまくいっていない」という悩みを抱えています。効果を感じられない、形骸化してしまっている、ただやらされているだけ…。
 もちろん、こちらにご相談いただくということで、それなりに悩みがあるから、ということはあるのでしょうが、それを差し引いても、「うまくいっていない」という企業はとても多いのは間違いありません。大げさにはなりますが、ほぼ100%といってもよいぐらいです。一体、何が原因でうまくいかないのでしょうか。

 

 

 

 

 よく、これについてのワークを、評価者向けの研修で実施します。「うまくいっていないのは何が原因でしょうか?」という問いかけをして、考えてもらいます。すると、よくある回答は次のようなものです。

 

・忙しくてできない
・やり方がよく分からない
・評価項目があっていない
・目標が現実的でない
・意味を感じない

 

 これらは確かにもっともな回答ですが、本質的な原因というものではありません。どちらかというと、当事者であるはずの評価者が、第三者側になって不平不満をあげている場合が多いからです。

 

 では、「なぜ、このように評価者が感じてしまうのか」、ワークのあとに次のように解説して、運用する側の評価者の理解を深めるようにしています。今まで多くの企業の人事評価制度と、その運用を見てきた中で、うまくいかない企業は、大抵同じような問題があるのです。それは大きな企業、小さな企業などの規模や、業種などにかかわらず、共通の問題点です。

 

 そして、先ほどのような個人的に感じている問題ではなく、もっと本質的・構造的な問題であることが多く、逆にいえばこれらをしっかり整えていけば、人事評価制度がちゃんと機能して、効果を発揮するようになるのです。

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です


 

 

●文/榎本あつし
社会保険労務士。株式会社MillReef代表取締役。一般社団法人日本ABAマネジメント協会代表理事。ABA(応用行動分析学)を用いた組織コンサルティングを行っている。著書に『人事評価で業績を上げる「A4一枚評価制度」』、『自律型人材を育てる「ABAマネジメント」』(アニモ出版)。
http://millreef.co.jp/

< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

シゴトの風景

[第74回「マネジャーの覚悟」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

よくわかる評価制度の作り方

[第2回「人事評価がうまくいかない5つの理由」]
人事評価制度を作る上での基本的な考え方から、評価シートの作成方法、実際の運用までを分かりやすく解説します。

人材育成のツボ

[知ってるつもりになっていませんか? 具体的な目標設定の仕方!]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook