「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

やる気に火をつけるポジティブフィードバック/ヴィランティ牧野祝子

第5回「ネガティブなことを伝えるときの注意点」

テーマはチームリーダーのマネジメント能力向上。チームメンバーにフィードバックをするときの注意点、やり方などを解説します。(2023年8月22日)

< 1 2 >
 上司が部下に一方的に「教え」たり、「注意」したりするアプローチは終わりました。今は部下の意見を引き出して、「一緒に」解決する「コーチング型」の上司が求められています。改善のために「これからどうする?」と相手の意見を聴きながら、「一緒に」解決していくアプローチで部下のやる気を引き出しましょう。


ミレニアル世代が求めているのはコーチ!

 私を含む「昭和の人間」にとって、上司というのは「一方的に仕事を教えて」くれる存在だったことが多かったのではないでしょうか。当時の私たちは、言われたことに「ただ従って」仕事をし、ときには注意されるのも、叱られるのも当然でした。
 時代は変わって、今の若い世代に聞いたアンケート(アイデム2022年新入社員動向調査)で上司に求めることは「相談しやすく悩みを聞いてくれる」「人として尊敬できる」が上位にあがっています。





 現在の管理職は、自分達が部下のときに体験した方法とは違った「コーチング型」のポジティブなアプローチをすることが求められており、ここにチャレンジを感じている人は多くいらっしゃいます。双方方向のコミュニケーションで、積極的に部下の考えや思っていることを引き出し、「一緒に」解決していくのです。


サンドイッチ技法で効果的にコミュニケーション

 では、具体的にどのようにすればよいのでしょうか?
 いくら「ポジティブに」とは言っても、部下に注意をしたり、業務を改善したりすることは当然必要です。多くの企業さまで研修をする中で「褒めるのは苦手」や「注意したいことがあって」との意見を多くいただきます。

 そんなときにおすすめするのが、「サンドイッチ技法」のコミュニケーションです。口を開けば「注意やネガティブな指摘」では、部下も聞く耳を持たなくなってしまいます。最初は相手の状況を聞いたり、最近行ってくれた肯定的な行為についてコメントをするなど、会話は前向きに明るくスタートしましょう。その後に「1つ話したいことがあるのですが、いいですか?」と許可を得てから、「注意や改善点」について伝えます。そして、最後はそれについての意見を聞いたり、具体的にどのように改善するか、一緒に話し合い、ポジティブな形で話を終了します。ネガティブフィードバックの前後にポジティブなアプローチを入れる、この「サンドイッチ」技法、是非試してみてください。
※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>
につづく


●文/ヴィランティ牧野祝子(まきの のりこ)
国際エグゼクティブコーチ、株式会社グローバル・キャリアデザイン代表
米コロンビア大卒、仏INSEAD(欧州経営大学院)MBA修了。イタリア・ミラノ在住。障害児を含む3児の母。20年間に渡り、国内外10カ国で米系戦略コンサルティングファーム、仏系化粧品会社、英系酒販会社、伊系アパレル企業でマーケティングや新規事業の立ち上げなど、さまざまなキャリアを積む。さまざまな仕事で培った経験やノウハウを活かし、国際エグゼクティブコーチとして独立。考え方や事情の異なる人たちが一緒に仕事をするには、個々のよさを引き出す環境を作ることが必要と考え、ポジティブフィードバックを活用したコーチング・スキルを伝える活動を行う。法人・個人を問わず、グループ面談やセミナーなどを年間2000セッション実施。著書に『国際エグゼクティブコーチが教える人、組織が劇的に変わるポジティブフィードバック』(あさ出版)。
< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[イマドキの若手は何を考えているのか?〜Z世代による、Z世代との関わり方〜]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

事例で考える困ったときのマネジメント対応/山田真由子

[第4回「発達障害の可能性がある人がいたら」]
働き方や価値観が多様化する中、マネジメントは個別対応が求められています。さまざまな事例から、マネジャーに求められる対応を解説します。

ココロの座標/河田俊男

[第100回「やりたい仕事が分からない」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook