「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

知っておきたい労働法超入門

第21回「健康診断」

労働関連法で勘違いしやすいこと、意外と知られていないことなどをピックアップして解説します。

 事業主は労働安全衛生法で、労働者に対して健康診断を実施することが義務付けられています。また、労働者は事業主が行う健康診断を受診しなければなりません。
 健康診断には、一般的な健康状態を調べる「一般健康診断」と、特定の有害業務に従事する労働者等を対象に、有害業務による健康障害の状況を調べる「特殊健康診断」があります。


<主な一般健康診断の種類>



 上表の「常時使用する労働者(※)」は、正社員だけに限られません。パート、アルバイト、契約社員などの短時間労働者でも、下記の2つの要件を満たしていれば健康診断受診の対象となります。2つの要件とは、ヾ間の定めがないか、更新により1年以上(特定業務従事者は6カ月以上)使用されている・使用見込みであること 1週間の所定労働時間が、通常の労働者の4分の3以上であることです。

 実施義務を事業主に課していることから、法定の健康診断の費用は事業主が当然負担すべきとされています。ただし、事業主が実施する健康診断を受診せず、労働者が各自で受診する場合の費用については、本人負担としてもかまいません。


 一般健康診断受診中の賃金は労使協議の上、決定します。支払い義務はありませんが、支払うことが望ましいとされています。(特殊健康診断は業務時間内に実施する)

 雇入時の健康診断は、労働者が3カ月以内に健康診断を受けていて、それを証明する書面を事業主に提出した場合には実施しなくてもかまいません。


★今回のポイント

・事業主は健康診断を実施しなければならない
・労働者は健康診断を受診しなければならない
・対象となるのは、正社員だけではない




●アイデム人と仕事研究所 

文/三宅航太
監修/菊地敦子(社会保険労務士)

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

ココロの座標/河田俊男

[第97回「仕事が遅い理由」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

事例で考える困ったときのマネジメント対応/山田真由子

[第1回「セクハラを受けていると相談されたら」]
働き方や価値観が多様化する中、マネジメントは個別対応が求められています。さまざまな事例から、マネジャーに求められる対応を解説します。

人材育成のツボ

[組織の生産性向上へのカギ、「EQ」について考える]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook