「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

知識ゼロからのDX入門/渋屋隆一

第6回「DXの本質は、ビジネスモデルを再設計すること」

近年、注目されているデジタルトランスフォーメーション(DX)について、言葉の定義から企業としての取り組み方まで、わかりやすく解説します。(2021年9月7日)

< 1 2 >

 前回(5回)は、テレワーク・リモートワークを実現するための考え方やITツールをご紹介しました。ここまで第2回から第5回まで、一般的なIT活用(下図のレベル1〜3)について触れてきました。

 

 

 

(東京商工会議所「IT活用実態調査」より作成)

 

 

 一般的なIT活用についてお伝えしてきた理由は、レベル3までができていなければ、デジタルトランスフォーメーション(DX)などできないからです。一般的なIT活用は、DXを行うための前提条件です。

 

 日常的にITツールを使いこなすようになって、それをビジネスそのものにも活かそうという視点が得られます。具体的には、「顧客が感じる価値(顧客体験:UX)を向上させるために、どのようにデジタル(IT)を活用するのか?」を模索し始めるのです。

 

 

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは何か?

 

 あらためて、DXとは何かを確認しておきましょう。本連載の第1回(デジタルトランスフォーメーション(DX)とは何なのか?)にてご紹介しました。

 

<ストルターマンの定義>
 2004年、スウェーデンのウメオ大学教授 エリック・ストルターマンの定義では、

 

「デジタルトランスフォーメーションとは、デジタル技術(IT)の浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させること(The digital transformation can be understood as the changes that the digital technology causes or influences in all aspects of human life<原論文>)」

 

と示されています。今回はさらに、ビジネス視点での定義を追加しましょう。

 

<マイケル・ウェイドの定義>
 スイスのビジネススクールIMDのマイケル・ウェイド教授は、ビジネス視点でのDXについてより詳細な定義を行いました。

 

「デジタル技術とデジタル・ビジネス・モデルを用いて、組織を変化させ、業績を改善すること」(『DX実行戦略』から抜粋)

 

 つまり、単にITツールを活用するということではなく、以下の条件を満たすものとしました。

 

・デジタル技術を土台とした変革であること
・業務プロセスや人、戦略など、組織の変化を伴うこと
・企業の業績を改善するものであること

 

 つまり、「デジタル技術が一般的になった現代に合わせて、戦略・業務プロセス・組織・制度などを再設計すること」です。これまで人類は、技術の発展と共に新しい技術を活用しつつ、ビジネスを変革してきました。下図のような流れです。

 

 

 

 

 人手で作業していたことが、18世紀の産業革命によって動力を活用するようになりました。20世紀初頭、電力が活用されるようになると、大量生産や分業制が進みました。大きな技術革新が起きた後には、ビジネスモデルが大きく変わりました。コンピューター・インターネットの登場以来、MicrosoftやApple、Amazon、Googleなどが急激に台頭したのは、そのためです。
 同様に、現代はデジタル技術が登場したことに合わせて、ビジネスモデル(人・組織・制度など)を再設計することが求められています。それがデジタルトランスフォーメーション(DX)の本質です。

 

 

>>>次ページにつづく

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

<会員サービスのご案内はコチラ>につづく 

 


●文/渋屋隆一(しぶや りゅういち)
中小企業診断士、情報処理技術者。
大学卒業後、IT企業にてエンジニア・商品企画を担当。2015年独立。ITとデータを活用した「売れ続ける仕組みづくり」「業務改善」「働き方改革」を得意としている。コンサルティングや研修・セミナーを通じて、中小企業の経営支援を行う。著書に『コレ1枚でわかる最新ITトレンド』(技術評論社)、『社長はデータをこう活かせ!』(日本実業出版社)など。
Webサイト: https://100athlon.com

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[私のチラシは受け取らず、先輩から受け取ったワケ]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

ココロの座標/河田俊男

[第66回「ブラック企業のグレー従業員」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

monthly雇用情勢リポート

[有効求人倍率1.15倍、2カ月連続で改善]
最新の雇用指標や景気の動きなどをもとに、雇用・労働市場の動向をリポートします。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook