「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

ココロの座標

第25回「職場のストーカー」

人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

< 1 2 >

 もし職場でストーカー被害にあったら、仕事どころではない。被害はさまざまなところに波及し、根も葉もないうわさや憶測が生まれ、自分の印象をゆがめられてしまうこともある。

 

 

 

閉店でリストラ

 

 裕美が勤めていたあるファッションブランド店が、業績悪化で閉店することになった。店は時代の変化に対応しきれず、ブランドイメージが衰退し、売上も落ち込んでいた。

 

 裕美は勤続25年のベテランで、かつては店でトップセールスを誇っていた。仕事に心血を注いできただけに、店を閉める日が来るとは夢にも思っていなかった。加えて、裕美はリストラの対象になった。

 

 若いころ、裕美はカリスマ店員と呼ばれていた。店の洋服をうまく着こなすため、バッグやアクセサリーなどもブランドイメージに合ったものを選び、身につけるようにしていた。給料のほとんどはファッション代に消え、預金などまったくない状態だったが、彼女にはカリスマ店員としてのプライドがあった。だが、自分のすべてを捧げたものが消えた。大きなショックは、彼女の精神構造をもゆがめていった。

 

 

 

 

 

先輩への片思い

 

 閉店セールが始まったころ、裕美は、入社時に片思いだった喜一郎のことを思い出すようになった。喜一郎は、裕美が入社したときに、教育を担当してくれた先輩だった。

 

 現在、喜一郎は本社の管理職で、妻と2人の子供がいる。裕美は「退職するので、一緒に昼食をしたい」と喜一郎を誘った。だが、喜一郎は海外出張なども多く、忙しい毎日を送っていたことから返事を保留にしたまま、忘れてしまった。

 

 裕美は返事を待ちながら、出会ったころの喜一郎のことを思い続けているうちに、だんだん妄想するようになった。やがて、喜一郎の方が自分のことを好きでたまらず、「会いに来てほしい」と求められていると思うようになった。

 

 

 

ストーカー行為

 

 裕美は喜一郎が昼食でよく利用する店を探し出し、偶然を装って行くようになった。喜一郎の姿を見ることが、生きがいになった。

 

 裕美は毎日のように昼食時間を狙って、会いに行った。そんなある日、裕美は店で喜一郎を見つけると、テーブルに近寄って「昨日は突然訪ねてくるなんて驚いたわ。次はメールしてから来てよね。でも、うれしかったわ」などと言った。

  喜一郎は数人の同僚とテーブルについていて、ランチは仕事の打ち合わせを兼ねていた。裕美の言動に喜一郎は動揺し、その場を取り繕うのに精いっぱいだった。

 

 裕美のストーカー行為は退職してから、ますますエスカレートしていった。職場でも話題になり、裕美と喜一郎は不倫関係にあったのではないか、といううわさが流れた。喜一郎は、そんなうわさや裕美のストーカー行為から逃れるため、会社に異動願いを出した。

 

 異動願いが受け入れられ、喜一郎は転勤することになった。だが、ストーカー行為は終わらなかった。ある日、喜一郎の転勤先のマンションに、裕美から子犬が届いた。メッセージカードには「私と同じようにかわいがってね」と書いてあり、喜一郎の背筋は凍った。

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

 


 

 

 

●文/河田俊男(かわだ としお)
1954年生まれ。心理コンサルタント。1982年、アメリカにて心理療法を学ぶ。その後、日本で心理コンサルティングを学び、現在、日本心理相談研究所所長、人と可能性研究所所長。また、日本心理コンサルタント学院講師として後進を育成している。翻訳書に「トクシック・ピープルはた迷惑な隣人たち」(講談社)などがある。

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

シゴトの風景

[第74回「マネジャーの覚悟」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

よくわかる評価制度の作り方

[第2回「人事評価がうまくいかない5つの理由」]
人事評価制度を作る上での基本的な考え方から、評価シートの作成方法、実際の運用までを分かりやすく解説します。

人材育成のツボ

[知ってるつもりになっていませんか? 具体的な目標設定の仕方!]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook