「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

コンテンツ・アーカイブ

就活ルール 現状と課題

過去に公開したコンテンツや情報を、テーマに沿ってピックアップしたり、社会情勢にマッチしたものなどをご紹介します。(2018年9月26日)

< 1 2 >

 経団連の中西宏明会長が、2021年春入社の学生(現大学2年生)から会員企業に向けた就職・採用活動のルールを「廃止したい」との意向を示し、波紋を広げています。先日動きがあり、政府・経済界・大学は2021年春入社の学生について、採用面接の解禁は現状維持の6月1日とする方針を固めたとの報道がありました。また、経団連による現行ルールは廃止され、今後は政府と大学が新しいルールを作ることになったようです。

 

 具体的なことはこれからですが、日本独自の雇用慣行である「新卒一括採用」が変わる可能性が出てきました。今回は学生の就職活動や、企業の新卒採用に関する関連記事を紹介します。

 

 

 

●「内々定の時期は全体的に早まる傾向に―平成29年 学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査(内閣府)」(労働時事ニュース/2017年11月17日)


 内閣府は、平成29年度卒業・修了予定者の就職・採用選考活動の実態を把握することにより、来年度以降の就職・採用活動の円滑な実施に資することを目的とした、平成29年「学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査」の結果を取りまとめ、これを公表した。
 調査対象は、インターネット調査により回答を得た、全国の大学4年生7,181名と大学院2年生2,692名の計9,873名。


【ポイント】
◆内々定を受けた時期は、採用・選考活動開始時期である6月と回答する学生の割合が最も高い点は平成28年度調査と同様であるが、今年度は全体的に時期が若干早まってい
◆大学4年生・大学院2年生ともに、6割以上がインターンシップに参加したことがあると回答しており、平成27年度・平成28年度に比べ、この回答割合は増加している
◆学生の学業等への配慮について、多くの企業で、説明会や面接等の日程に関して配慮がされていたと回答しており、平成28年度に比べ、この回答割合は若干増加している


→詳細は内閣府のWEBサイト

 

 

 

 

 

●ダレのための解禁日なのか?(アイデムオリジナル調査/2017年9月20日)


(本文抜粋)
 新卒市場全体が前年より早い進捗となっているのかと思いきや、そうではないようです。18卒学生対象の採用活動状況は、当研究所の7月1日時点の調査で63.6%が「現在行っている(広報活動やその準備も含む)」、8.8%が「既に終了している」となっています。前年同期比で「現在行っている」割合は7ポイント増、「既に終了している」は11.8ポイント減となりました。企業の進捗は前年と比べると遅くなっています。前年である2017年3月卒業予定者(以下、17卒学生)と18卒学生の採用活動には、なにか違いが生まれているのでしょうか。


解禁日はいる? いらない?
 日本経済団体連合会の「採用選考に関する指針」では、17卒学生と18卒学生の両方で、広報活動解禁日を3月1日、選考活動解禁日を6月1日としています。この指針は「絶対に守らなければならない決まり」ではありませんが、各経済団体への呼びかけもあり、多くの学生・大学・企業が活動スケジュールの目安としています。


→続きはコチラ

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[クレームを引き寄せない人づくり]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。

シゴトの風景

[第79回「アラフォーの転職」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

ゼロから学ぶ人事評価/真田直和

[第1回「評価制度はうまく機能していますか?」]
人事評価制度は運用が難しかったり、形骸化するなど、実際に機能させるのは簡単ではありません。本コーナーは、実際の運用を念頭に置いた制度作りをゼロから解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook