「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

コンテンツ・アーカイブ一覧

  • コンテンツ・アーカイブ一覧

過去に公開したコンテンツを、テーマごとにピックアップしてご紹介します。今後の人事施策や日々の業務改善などのヒントにしていただければ幸いです。

2020年03月26日新型コロナに関する企業対応
 新型コロナウイルスは今も世界中で感染が広がっており、問題の長期化が懸念されています。そんな中、国内の企業では対策として、テレワークや時差出勤などを実施する…続きを読む
2020年02月27日2019年アクセス数ベスト10
 今回は、当サイトで2019年に公開した読み物コンテンツの中で、アクセス数の多かったベスト10を振り返ります(データは2019年1月1日〜12月31日で集計)。  第10位か…続きを読む
2019年12月19日自分に合ったマネジメント・スタイルをみつける
 生産性の向上や人材育成を実現するには、マネジメント能力が必要です。マネジメントは、アメリカの経営学者ドラッカーが生み出した概念と言われています。ドラッカー…続きを読む
この記事のキーワード
2019年10月24日2020年4月施行 同一労働同一賃金に備える
 同一労働同一賃金とは、非正規社員(契約・パートタイマー・派遣など)と無期雇用のフルタイム社員(いわゆる正社員)の不合理な待遇格差を是正する考え方です。待遇…続きを読む
この記事のキーワード
2019年08月29日2019年上半期アクセス数ベスト10
 今回は、当サイトで今年上半期に公開した読み物コンテンツの中で、アクセス数の多かったベスト10を振り返ります(データは2019年1月1日〜6月30日集計分)。 第10位…続きを読む
2019年06月27日カスハラ急増、クレーム対応を見直す
 近年、クレームは増加傾向にあるようです。理由の1つはインターネットの浸透です。企業はWebサイトやSNSなどで顧客の声を聞ける機会が増えた一方、顧客も企業に意見…続きを読む
この記事のキーワード
2019年04月25日部下へのイライラをなくす方法
 誰でも仕事をしていれば、上司や部下、あるいは顧客に対して「許せない!」という気持ちになることもあると思います。そのとき、感情を抑えられずに怒りをむき出しに…続きを読む
2019年03月28日新人の離職を防ぐには?
 まもなく4月ですが、新卒者を迎える企業は準備に追われていることと思います。若者の早期離職は七五三現象と呼ばれ、企業にとって長年の課題となっています。新卒で…続きを読む
この記事のキーワード
2019年02月28日時間外労働を減らす考え方
 4月施行の働き方改革関連法で、罰則付きの残業規制が導入されます。残業時間の上限規制は、労働基準法が制定された1947年以来初めてのことです。長時間労働の是正は…続きを読む
2019年01月30日【4事例】事例に学ぶ働き方改革
 本年4月1日より働き方改革関連法が順次施行されます。同法には、残業規制の強化や年次有給休暇の取得義務化などが盛り込まれており、企業は対応していかなくてはなり…続きを読む
< 1 2 3 >

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[職業選択の幅を拡げるキャリア教育の重要性]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

外国人スタッフの定着と戦力化を図る/淺海一郎

[第4回「オンライン採用を考える」]
採用した外国人スタッフに定着して、戦力として活躍してもらうために、企業が準備すべきことや、考えておかなければならないことなどを解説します。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第16回「ライフスキルを身につける〜野村克也監督語録に学ぶ(4)〜」]
メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook