「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

コンテンツ・アーカイブ

自分に合ったマネジメント・スタイルをみつける

過去に公開したコンテンツや情報を、テーマに沿ってピックアップしたり、社会情勢にマッチしたものなどをご紹介します。(2019年12月19日)

< 1 2 >

 生産性の向上や人材育成を実現するには、マネジメント能力が必要です。マネジメントは、アメリカの経営学者ドラッカーが生み出した概念と言われています。ドラッカーはマネジメントを、組織が成果を上げるための仕組みや手法と定義しています。
 今回は、マネジメントの「手法」をテーマに関連記事をご紹介します。

 

 

●会社の状況によって、リーダーシップを使い分ける(2019年10月17日公開)

 

 輝かしい実績を上げたアスリートの陰には、彼らをサポートしてきた指導者やコーチの存在があります。
 全英オープンで日本人として42年ぶりにメジャー優勝し、一躍脚光を浴びた女子ゴルフの渋野日向子選手。2017年からサポートしてきた青木翔コーチは、歴史的快挙を支えた陰の立役者です。渋野選手は、青木コーチが契約するゴルフ用具メーカーのモニター選手でした。その縁から渋野選手が最初のプロテストで落ちたとき、メーカーに指導を頼まれたそうです。

 

 平昌オリンピックで悲願の金メダルに輝いた女子チームパシュートの躍進は、オランダから招いたヨハン・デビットコーチの存在を抜きに語ることはできません。厳しい食事制限や科学的データを根拠にした練習方法など、妥協を許さない姿勢は、低迷が続いていた日本スケート界に大きな刺激を与えました。

 

 ほかにも、競泳の北島康介選手や寺川綾選手を指導した平井伯昌コーチ、五輪で選手やチームに数々のメダルをもたしたシンクロの井村雅代監督など、トップアスリートを支えた指導者は枚挙に暇がありません。
 指導のスタイルは人それぞれです。選手の自主性を尊重するやり方もあれば、パシュートのデビットコーチや独自のスパルタ指導で知られる井村監督のように、厳しい練習を求めるものもあります。

 

⇒詳細はコチラ

 

 

 

 

●管理職研修は「1on1ミーティング」が人気です!(2019年9月12日公開)

 

 多くの企業様に人材育成について提案するという仕事をしていて、管理職研修のご相談をいただくことが増えています。経営トップが管理職に求める期待値は、ますます上がっていると感じます。

 特にプレイングマネージャーの方々は、自身でも個人としての業績を上げながら、部下を育成するというハードルの高い仕事を要求されています。一方、管理職の中には、「部下の育成について一度も学んだことがない」という方々もたくさんいらっしゃいます。

 

 重要な任務である部下育成について、貴社では課題に感じていることはございませんでしょうか。今回は、最近注目されている「1on1(ワンオンワン)ミーティング」について、その内容と進め方について書かせていただきます。

 

・「1on1ミーティング」とは?

 

 「1on1ミーティング」とは、上司と部下が1対1で定期的に行うミーティング、いわゆる個別面談です。アメリカのシリコンバレーでは文化として根付いているそうで、日本でもヤフー株式会社が取り入れ成果を上げたことで有名になりました。

 

⇒詳細はコチラ

 

 

>>>次ページにつづく

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

【企業に聞く】人が活きる組織

[株式会社現場サポート/新卒離職率7年間0%を実現 チーム力と主体性を育てる仕組みを追求]
やる気を引き出す仕組みや教育制度などの人事施策や、働きやすい職場環境の実現など、人に関する企業事例を紹介します。

成果を出すチームのつくり方/吉田幸弘

[第3回「強いチームのリーダーはナンバー2を育成している」]
社内コミュニケーションは、人の定着や生産性向上の土台となるものです。コミュニケーションの醸成や活性化させるための考え方や手法について解説します。

マナバンク〜学びのヒント〜

[主体性のない社員に自覚を促すことの難しさ]
ビジネスパーソンが抱えるさまざまな課題について、解決やキャリアアップにつながるヒントを学びます。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook