「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

コンテンツ・アーカイブ

2020年4月施行 同一労働同一賃金に備える

過去に公開したコンテンツや情報を、テーマに沿ってピックアップしたり、社会情勢にマッチしたものなどをご紹介します。(2019年10月24日)

< 1 2 >

 同一労働同一賃金とは、非正規社員(契約・パートタイマー・派遣など)と無期雇用のフルタイム社員(いわゆる正社員)の不合理な待遇格差を是正する考え方です。待遇格差は積年の課題であり、法律で一定のルールが設けられていましたが、2019年4月の働き方改革関連法の成立で、整備されました。
 施行は大企業が2020年4月、中小企業が2021年4月です。なお、派遣労働者への施行は企業規模に関わらず、2020年4月1日となっています。今回は、「同一労働同一賃金」の関連記事をご紹介します。





<労働時事ニュースより>

●同一労働同一賃金、不合理な格差解消「期待する」は45%―派遣労働者に関する調査2019(連合/2019年7月26日掲載
日本労働組合総連合会は、「派遣労働者に関する調査2019」を実施し、結果を取りまとめ、公表した。
→続きはコチラ

●派遣労働者の同一労働同一賃金「労使協定方式に関するQ&A」を公表(厚労省/2019年8月19日掲載)
厚生労働省は、働き方改革関連法による改正労働者派遣法の「労使協定方式に関するQ&A」を公表した。
→続きはコチラ

●派遣労働者の同一労働同一賃金「同種の業務に従事する一般労働者の賃金水準」を公表(厚労省/2019年7月8日掲載)
厚生労働省は、労使協定方式「同種の業務に従事する一般労働者の賃金水準(令和2年度適用)」に関する職業安定局長通達を公表した。
→続きはコチラ

●同一労働同一賃金への対応、300人以上企業の約3割が「まだ検討段階で着手せず」(日本生産性本部/2019年5月16日掲載)
公益財団法人 日本生産性本部は、「第16回 日本的雇用・人事の変容に関する調査」を実施し、結果を取りまとめ、公表した。
→続きはコチラ



<関連記事/論考>

★第17回「不利益変更」って何?(マンガ・ワーママ人事課長キノコさん/2019年8月22日)

フリーライターの夫・ハタケのもとに、クライアントから原稿料引き下げの連絡が。
落ち込む夫は、私を見て一言
「正社員はいいよなぁ。簡単に給与が下がることなんてないだろ?」
いえいえ!
条件が揃えば、労働条件が下げられる「不利益変更」もあり得るんだってば!

→続きはコチラ

 

次ページは・・・★2020年4月1日施行、派遣労働者の同一労働同一賃金 ★同一労働同一賃金が法制化、企業への影響と求められる対応 ★パート賃金10年史〜10年間で87円の上昇。平均1,000円オーバーの時代へ ★同一労働同一賃金の実態は?

 

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[行動あるのみ〜高齢就業者数、過去最高862万人〜]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第8回「チームの感情をコントロールする」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第32回 季節性インフルエンザの効果的な勤怠対応]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook