「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

コンテンツ・アーカイブ

新人の離職を防ぐには?

過去に公開したコンテンツや情報を、テーマに沿ってピックアップしたり、社会情勢にマッチしたものなどをご紹介します。(2019年3月28日)

< 1 2 >

 まもなく4月ですが、新卒者を迎える企業は準備に追われていることと思います。若者の早期離職は七五三現象と呼ばれ、企業にとって長年の課題となっています。新卒で就職した人のうち、中卒7割、高卒5割、大卒3割が3年以内に離職してしまうといわれる問題です。
 離職防止は、導入時の対応にかかっている部分が大きいと言えます。今回は好評連載中の「マネジメント悩み相談室」から、新入社員の受け入れに関する相談をピックアップしてご紹介します。



<回答者/田中和彦>
株式会社プラネットファイブ代表取締役、人材コンサルタント/コンテンツプロデューサー

 

 


★新入社員に放置プレイはNG!(2018年4月18日)
■相談
 4月に自分の部署で複数の新入社員を迎えることになったのですが、どうやって鍛えればいいのか、いまひとつ自信がありません。うちの会社は、これまでは即戦力人材の中途採用がほとんどだったので、新人教育や未経験者の育成のノウハウがそもそも社内にないからです。新入社員も育つスピードに個人差があるでしょうし、誰に対しても一律に関わることがいいとも思えません。
部下の成長段階に応じたアプローチのようなものはあるのでしょうか?


◆回答
 新入社員の約3割が入社後3年以内に退職しているというデータがあります。せっかく採用した人材が離職するのは、企業にとっても大きな損失と言わざるを得ません。新入社員の受け入れがうまくいくかどうかは、企業の人材戦略の面においても非常に重要なポイントです。
 相談者の方が言うように、新入社員をひとくくりにして対応するのではなく、個別に見ていかなくてはなりません。のみ込みがよく早期に独り立ちできる人もいれば、大器晩成型のじっくり育てなくてはならない人もいます。人材の育成には成長段階に応じたアプローチが求められるのです。

 

→続きはコチラ

 


★初めて新卒を受け入れる(2017年4月19日)
■相談
 4月に新卒者が私の部署に配属になります。入社後1カ月間は全社の集合研修で社会人としての基礎を学ぶとのことですが、5月からは配属された各部署でのOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)に移行します。新卒者の部下の受け入れは初めてのことなので、何に気をつければいいのかさっぱり分かりません。注意点をお教えいただければと思います。

◆回答
 最近は大手企業でも新卒者の大量採用をしている会社が以前ほど多くなくなり、毎年新卒者が必ず各部署に配属されるという状況ではなくなってきています。従って、新入社員の扱いに不慣れな上司が増えてきていますし、職場のメンバーからも戸惑う声が数多く聞こえてきます。
 よくあるのが、迎え入れた当初は「お客さま」として特別な扱いをするのですが、しばらく時間がたつと、誰も構うことなく「放置プレイ」になって、新人は一向に成長できないという状況です。これだけは絶対に避けなくてはなりません。

→続きはコチラ



次ページは・・・ ★自分と部下は違う ★やりたいことがわからない新人への対処

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第1回「思考と行動を変える」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

シゴトの風景

[第85回「若手社員に思うこと」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

人材育成のツボ

[相手との距離をグッと縮めるコミュニケーションとは?]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook