「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 平成22年社会保障を支える世代に関する意識等調査結果(厚生労働省)-理想とする働き方や労働条件「定年まで雇用が確保されている」41.6%

平成22年社会保障を支える世代に関する意識等調査結果(厚生労働省)-理想とする働き方や労働条件「定年まで雇用が確保されている」41.6%

厚生労働省は、社会保障を支える世代の就業状況や子育て、親への支援の状況の実態を把握するとともに、理想の働き方や社会保障に係る負担のあり方などについての意識を調査し、結果を公表した。

調査結果概要

◆育児のための制度利用状況
「育児休業制度」では、正規就業者は70.9%であるのに対し、非正規就業者は20.4%

◆出産・子育ての環境整備を推進するため、重点を置くべきだと思うもの
「教育費の負担の軽減」が55.3%で最も多く、次いで「保育所等の充実」が43.3%

◆理想と思われる子育てと働き方
「片働きで、一方が主に子育てを行う」が最も多く、男性は46.2%、女性は46.3%となっている。

◆理想とする働き方や労働条件
「定年まで雇用が確保されている」が41.6%

その他詳しくは厚生労働省のWEBサイト

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[チームにおける「ナンバー2」の重要性]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

シゴトの風景

[第103回「72歳保育士の仕事観」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

monthly時事トピックス

[「中小企業成長促進法」が施行]
人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどを月ごとにピックアップしてご紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook