「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

マネジャーの仕事〜チームが機能するヒント〜/田中和彦

第31回「部下の動機付けは、心の奥底へのアプローチを」

人材育成や評価、意思決定など、マネジャーにはさまざまな役割が求められます。マネジャーに必要な視点や考え方、心の持ち方などについて考察します。(2023年10月19日)

< 1 2 3 >
ご褒美や体罰で、人はやる気を上げるか?

 まずは、次の話をお読みください。
 ある山の上に村がありました。その村に行くためには、山道の途中に大きな岩があり、人が道を通るときには、体を横向きにして崖すれすれに歩かなくてはなりません。山の上に住む村人たちにとっても、その岩は面倒な存在でした。

 当然ながら村長さんはその岩を邪魔に感じています。しかし、「岩をどけたい」と村人たちに声を掛けても、村人たちは「重いし、大変ですよ。まあ、なんとか通れるし、このままでもいいじゃないですか」と乗ってきません。いつの時代も人間は変革より現状維持をよしとするものですからね。

 そこで村長さんは、村人たちを動かすためにいくつかの手段を考えます。
手段 「岩を運ぶのを手伝ってくれた者には、褒美として肉を与えるぞ」
手段 「岩を運ばない者は、百たたきの刑に処すぞ」
手段 「岩がなくなると滑落の危険はなくなるし、水を運ぶのも楽になる。今よりはるかに便利で快適な暮らしが可能になるぞ」

 さて、あなたが村長さんの立場ならどの手段を選ぶでしょうか?





 手段,蓮∧鷭靴鮖箸κ法といえます。報酬が魅力的なら、人は喜んで動いてくれるでしょう。しかし、褒美が潤沢に用意できればいいですが、仮に肉がなくなれば人は動かなくなります。村の財政がどうなのか、または村長さん個人の財力がどうなのかによって、成否が分かれそうですね。

 手段△蓮権力を行使する方法です。「権力者である私の言うことを聞かなければ、痛い目にあうぞ」という脅しに近い内容です。村人たちはイヤイヤながらも、村長さんの言うことを聞いてくれるかもしれません。ただ、体罰を受けた村人は後々まで村長さんを逆恨みする可能性もあります。


※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>
につづく



●文/田中和彦(たなか かずひこ)
株式会社プラネットファイブ代表取締役、人材コンサルタント/コンテンツプロデューサー。1958年、大分県生まれ。一橋大学社会学部卒業後、人材サービス関連企業に入社し、情報誌の編集長を歴任。その後、映画配給会社のプロデューサー、出版社代表取締役を経て、現在は、「企業の人材採用・教育研修・組織活性」などをテーマに、“今までに2万人以上の面接を行ってきた”人材コンサルタント兼コンテンツプロデューサーとして活躍中。新入社員研修、キャリアデザイン研修、管理職研修などの講師や講演は、年間100回以上。著書に、『課長の時間術』『課長の会話術』(日本実業出版社)、『あたりまえだけどなかなかできない42歳からのルール』(明日香出版社)、『時間に追われない39歳からの仕事術』(PHP文庫)、『仕事で眠れぬ夜に勇気をくれた言葉』(WAVE出版)など多数。
連絡先:info@planet-5.com
< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

マンガ・ワーママ人事課長キノコさん

[第68回 扶養認定? 助成金? 話題の「年収の壁」対策]
難しい労働関連の法律や、雇用や働き方に関する社会の動きなどを、親しみやすいマンガで分かりやすく解説します。

判例に学ぶ労使トラブルの処方箋/岡正俊

[労災がおりない? 労働者かどうかの判断基準〜A事件〜]
近年、労働関係の訴訟は社会的関心が高まり、企業にとって労使トラブル予防の重要性は増しています。判例をもとに、裁判の争点や予防のポイントなどを解説します。

介護現場で2年間退職者ゼロを実現した定着ポイント/森崎のりまさ

[第8回「気の合う人=仕事ができる人」と捉えていませんか?]
既存スタッフや採用したスタッフに定着してもらうために、企業は「どんなことを考えればいいのか」「何を準備をすればいいのか」などを解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook