「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

パート活用のヒント

「採用したい既婚女性」200万人の労働力が眠っている!

あなたの会社では自社のスタッフに何を求めているのでしょうか? 企業へのアンケート調査から浮かび上がったスタッフに求めるものから、パートのやる気や自主性を引き出す方法を探ります。

< 1 2 >

◆はじめに

平成22年国勢調査によると、専業主婦の数は11,790,302人。正確には「調査期間中、主に家事をしていた妻」の人数です。この数字をベースに、「パートタイマー白書」の調査結果を組み合わせると、企業が「採用してよかった」と思える専業主婦は約200万人と推定されます。これからその約200万人と算出した根拠を示しながら、その活用についても提案したいと思います。


◆現在「無職」の方、本当は働きたい?

現在勤務されていない方に、「働く意欲」について尋ねたところ、「働きたい」と「どちらかと言えば働きたい」の意見を合わせると、76.4%という結果になりました。8割近い方が仕事をしたいと思っているのです。
それでは人数にするとどうなるのでしょうか。上記の専業主婦の数からパートタイマー白書のデータと同じ年齢(20代・30代・40代)に揃えると、4,682,517人です。76.4%を掛けると3,577,443人。本当は働きたい専業主婦の人数になります。


図1 現在「無職」の者の働く意欲





◆採用後、企業の満足度は?

一方、パートを採用した企業はどの程度満足しているのでしょうか。直近1年間にパート・アルバイトを採用された企業に次の質問をしました。「その募集で、有能な方を採用できましたか?」に対し、56.6%の企業が「有能な人材を採用できた」と答えています。採用した方に満足している数字です。働く意欲のある専業主婦3,577,443人にこの数字を掛けると、

2,024,833人の有能な人材が眠っている計算になります。この数字はパートで仕事を探している方は、必ずどこかで採用されているという前提です。どこにも採用されていない方の人数を差し引くため、平成24年6月の女性の失業率4.0%を考慮すると1,943,839名、約200万人の根拠です。もちろん50代以上でも、たくさんの有能な方がいらっしゃいます。実際にはこの数字よりも多いのではないでしょうか。

図2 直近の募集で「有能な人材を採用」ができたか





◆働く意欲はあるが働けない!原因がどこに?

では、働く意欲はあるのに働けない原因はどこにあるのでしょうか。「仕事と家事・育児の両立が難しいから」が最も多く全体の53.6%を占めています。働く時間を確保することが最大の問題のようです。


図3 働く意欲がある者の働いていない理由








●文/松嶋清和(まつしま きよかず)
株式会社アイデム 人と仕事研究所 研修プランナー
大学卒業後、大手アパレル商社に勤務、全国の小売店との相談・折衝業務に従事する。その後1998年に株式会社アイデムに入社してからは、13年間に延べ3,000社以上の経営者・人事担当者らと面談。求人広告の営業担当として、また社会保険労務士として、採用および人材活用に関する提案を続けてきた。
現在は同社「人と仕事研究所」にて、採用後の人材育成、教育・研修に特化した企画提案を実施。また「企業側の視点」を肌身に知るキャリアを強みに、キャリア・コンサルタント(CDA)として求職者支援業務にも携わる。特に就活学生向けセミナーでは、自ら講師として、企業が求める人材像などを「シンプルに分かりやすく」アドバイス。入社後に能力発揮できる「真の力」の育成をモットーに、精力的に活動している。

 

 

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第1回「思考と行動を変える」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

シゴトの風景

[第85回「若手社員に思うこと」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

人材育成のツボ

[相手との距離をグッと縮めるコミュニケーションとは?]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook