「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

人材育成のツボ

  • 人材育成のツボ一覧
  • 「メンドクサイ…」「デキナイ…」〜仕事を途中で投げ出しがちな社員に必要なチカラとは?〜

「メンドクサイ…」「デキナイ…」〜仕事を途中で投げ出しがちな社員に必要なチカラとは?〜

アイデム人と仕事研究所の研修部門の所員が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。(2019年1月16日)

< 1 2 3 >

 皆さんは、物事や仕事・プロジェクトを成功に導くために重要な力は何だと思いますか?
 知力、才能、運、体力、コミュニケーション力、学習能力、リーダーシップ等々。様々なチカラが思い付きます。今回は、その中でも近年注目度が高まってきている「GRIT(グリット)」について述べていきます。

 

 

GRIT=やり抜く力

 

 2013年にペンシルバニア大学心理学教授のアンジェラ・ダックワース氏がGRITを「やり抜く力」と表現しました。アメリカでは成功に寄与する重要な力は「知力か、才能か」で長く論争が起こっていましたが、GRITが提唱されて以降、成功に寄与する第3の因子として注目を浴びるようになりました。

 

 では、「やり抜く力」とは何でしょうか? 簡潔に言うと「物事に対して諦めず最後まで継続的に取り組む力」となります。また、GRITが注目されている要因として、知力や体力等と比較すると後天的に体得できることが挙げられます。子育ての現場においても、幼少期からGRITについて意識させることで、物事に諦めずに取り組む子供へ育てる手法として有用視されています。

 

 一見、根性論っぽく聞こえるGRITですが、分かりやすく分解し、各要素に分けながら説明していきます。

 

 

GRITスケールの有用性

 

 やり抜く力=GRIT力を計測する簡単な指標として、ダックワース氏が開発したGRITスケールがあります。各質問に回答し、合計を10で割った数値がGRIT力となります。

 

 

 

 

 先日、弊社の営業職約400人に対してアンケートを実施したところ、以下のような結果を得ることが出来ました。また、後述しますが、奇数の質問を足して5で割った数値が情熱のスコア、偶数の質問を足して5で割った数値が粘り強さのスコアになります。

 

 

 

 

 平均値は3.2付近で、2以下4以上は非常に数が少なくなっています。上位者を確認したところ、重複を含む10位内に10人の管理職がランクインしており、仕事で成果を挙げている人とGRIT力の高さに、一定の相関関係を見出すことが出来ました。

 


 

 

●文/柴田瑛一(しばた えいいち)
アイデム人と仕事研究所 人材育成・研修プランナー。大学卒業後、飲食チェーン入社。店舗マネジメントを学んだ後、商業施設デベロッパーにて20店舗以上の運営・商品開発・買付業務・人材育成・研修企画など、多岐の業務に携わる。2017年、株式会社アイデム入社。人と仕事研究所にて、店舗の現場を見てきた経験を生かしながら、教育・研修の企画提案を行っている。

< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第1回「思考と行動を変える」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

シゴトの風景

[第85回「若手社員に思うこと」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

人材育成のツボ

[相手との距離をグッと縮めるコミュニケーションとは?]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook