「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

人事労務関連ワード辞典

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)

労働関連のトレンド用語を解説します。(2019年11月14日)

主にバックオフィス(間接部門)におけるホワイトカラー業務を、ルールエンジンやAI(人工知能)、機械学習(AIが反復によって学ぶこと)などの技術を備えたソフトウェア型のロボットが自動化・代行することを指し、「仮想知的労働者」とも言われています。

 

<RPAの一例>
・アンケート用紙のデータ入力作業と集計作業
・Webサイト巡回による情報収集とマーケティング
・見込み客のリストアップと購買意欲を高めるメッセージの自動作成

 

大量に発生する定型業務や単純なルーティンワークなど、これまで人間にしかできないと考えられていた仕事や、数人がかりで行っていたものを1台のRPAが担うことができるため、コスト削減、生産性向上、人手不足解消などの手段として導入が進んでいます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[男性従業員のパートナーの出産予定を、会社はどう把握すればいいのか?〜ついに始まる「男性」の育児休業〜]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

知識ゼロからのDX入門/渋屋隆一

[第9回「小さな食堂がDXで売上5倍を実現した手順」]
近年、注目されているデジタルトランスフォーメーション(DX)について、言葉の定義から企業としての取り組み方まで、わかりやすく解説します。

繁盛店になる店舗マネジメント/岡本文宏

[第9回「現場のサブリーダーを育てるメリット」]
店舗マネジャー、FCオーナーとして14年、商店主専門のビジネスコーチとして16年、合わせて30年間、現場に関わってきた著者が解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook