「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

マネジャーの心得/田中和彦

第24回 「出し惜しみ」タイプの部下の力を引き出すには?

現場マネジャーに向けて、リーダーとしての心構えやマネジメントの手法などを解説します。

< 1 2 >

頭を使うような要望を

 

 「言われたとおりにはやりましたよ」、「それ以上のことまで自分がやる必要があるんでしょうか?」など、指示された仕事についてはきちんとやるにしても、それ以上のことまで考えたり行動したりしない部下がいます。

 例えば、クライアントに商品を届ける仕事を命ぜられたときに、指示されたことだけ100%やったからといって、それで仕事が終わったわけではありません。クライアントの感想を聞く、新たに欲しいものがないか確認する…など、やることはいくらでもあります。

 

 そこまで考えの及んだ人と言われたことだけした人とでは、評価も違ってきます。簡単な仕事だからと、ばかにしていてはいけません。簡単な仕事だからこそ、センスや想像力が問われるのです。

 

 もっと分かりやすい例で説明すると、上司から「資料を10部コピーしておいて」と依頼されて、単純に10部コピーしたものをポンと上司の机の上に置いて、仕事を終えた気になっている部下がいたりします。気が回る部下は、「何のためのコピーなのか?」、まず目的を確認します。クライアントへのプレゼン資料だということが分かれば、上司にさらに確認して、先方用にはカラーコピーでクリッピングし、身内用の手元資料はモノクロ印刷でホチキス止めし、それぞれをクリアフォルダに分けておくなど、やることは単なるコピーにとどまりません。

 

 仕事のできる人というのは、頭を使って先読みすることのできる人です。逆に、上司の立場からガッカリしてしまうのが、言われたことは忠実にやるのですが、想像力を働かせずに、言葉にだけ反応してしまうような「出し惜しみ」タイプなのです。

 

 

 

プラスアルファを要望

 

 個人の能力やセンスの問題だということで片付けてしまえば、そこで終わりになりますから、やはり、こういうタイプの部下もしっかり鍛えてあげたいものです。まずは、「出し惜しみ」タイプの部下には、指示されたことを100%だけ返すことが仕事ではないことをしっかりと伝えることです。

 

 100%返すのは、「やって当たり前」の世界です。要望や期待に対して、少しでもそれを上回れば、相手に対して「おっ」という驚きを与えることが可能になります。私は、よく部下に対して、「期待はいい方に裏切りなさい」と伝えています。たとえ1%でもいいので、要望や期待を上回ることを考えさせるのです。

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

 

 


 

 

 

●文/田中和彦(たなか かずひこ)
株式会社プラネットファイブ代表取締役、人材コンサルタント/コンテンツプロデューサー。1958年、大分県生まれ。一橋大学社会学部卒業後、人材サービス関連企業に入社し、情報誌の編集長を歴任。その後、映画配給会社のプロデューサー、出版社代表取締役を経て、現在は、「企業の人材採用・教育研修・組織活性」などをテーマに、“今までに2万人以上の面接を行ってきた”人材コンサルタント兼コンテンツプロデューサーとして活躍中。新入社員研修、キャリアデザイン研修、管理職研修などの講師や講演は、年間100回以上。著書に、『課長の時間術』『課長の会話術』(日本実業出版社)、『あたりまえだけどなかなかできない42歳からのルール』(明日香出版社)など多数。
連絡先:info@planet-5.com

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[研修の成否は、実施前に決まる]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

シゴトの風景

[第106回「ワガママすぎるベテラン社員」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

はたらくりっぷ

[『逃げ恥』平匡さんは、育休を切り上げなくてもよかった!?]
社会で働くときに、知っておきたいこと、身につけておきたいこと、考えておきたいことなどを解説したり、考察します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook