「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

問いから考えるパートアルバイト採用・定着

第3回「求職者が困っていることを考える」

パート・アルバイトスタッフを「いかに採用し、定着させるか」について、押さえなければならないポイントや、施策を考えるヒントなどを解説します。

< 1 2 >

★今月の問い
求人広告に「何」を書けば、応募が増えますか?

 

 パートアルバイトさんの求人・定着にお困りの現場に行くのが私の仕事。今週お伺いした50店ほどのチェーン店さんでは、3月に私がお伺いした際に助言したことを実践してくださり、この2カ月間で一部山間地の店舗を除き、ほぼ全店で応募が増えているそうでホッとしました。

 

 

 私の求人ノウハウは、いつも完璧というわけではありませんので、結果をお聞きするまでドキドキなんです。今月はその山間地の店舗に実際に行って、お店のみなさんと求人方法の知恵を絞らなくてはと思っています。

 求人を出しても応募電話がさっぱりこない今の時代。この問いにみなさんはどう答えますか。

 「求人広告に何を書けば応募が増えますか?」

 

・楽しそうな写真?
・時給アップ?
・社員割引の特典?

 

 どれも悪くはないと思いますが、応募してくださる人を増やしたいのであれば、もっと最優先で考慮するべきことがあります。それは応募する人が困っていることに応えるということです。

 

●参考までに先月の問いに対する私の答え
「誰を狙いますか?」→「ママ・シニア・外国人の方」

 

●今月の答え
「求人広告に何を書きますか?」→「自分が狙っている人たちが困っていることは何か」

 

 働きたいのに応募の電話をすることすら、ためらっていることは何か。そんなみなさんの困りごとを解決しよう。あちら(仕事を探す人)の事情をくみ取ろう。こういう視点で求人活動をすることが、人手不足の早期解決につながります。

 下記に、求人のターゲット別に、想定される悩みと対策を整理しました。

 

●ママのためらい
・土日祝は働けない→求人欄に「土日働ける方歓迎」と書いてあるから電話しにくい
・勤務時間が9:00〜18:00だとちょっと長い→「応相談」と書いてはあるけど9:00〜16:00で週3日勤務がいいです…なんて最初から相談しにくい
・子供がいる→「お子さんが急病のときはどうするのですか?」と言われて不採用が目に見えている

 

<対策例>
「8:00〜17:00の間で働いてみたい時間・曜日・日数をご相談ください。働き方を一緒に考えましょう」
「お子さんの急病や学校行事など、助け合ってやりくりしています」

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

 

 


 

 

 

●文/赤沼留美子(あかぬま るみこ)
有限会社スマイル・ラボ パートアルバイト労働総合研究室代表。パートアルバイトさん専門マネジメントコンサルタント。
1995年、津田塾大学卒業後、株式会社ファミリーマート入社。店舗勤務を経て、当時5,000店10万人のパートアルバイトさんマネジメントのしくみ(オペレーション基準・採用・現場訓練・評価)づくりと普及業務に約10年携わる。2005年独立。苦学生時代の豊富なアルバイト経験(20 種類超)と、前職で培ったノウハウとを活かし、パートアルバイトさんを主戦力とする企業のサポート活動を行う。顧客企業は宝飾品販売店(400店)、レンタカー(800店)、雑貨店(50店)、スーパー(40〜200店)、コンビニ(300店)など多岐に渡る。小学生3人の母。
http://part-soken.com/

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[“子どもは欲しくない”アラサーが増加!?]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第9回「労使協定」届出の重要性について]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

わかりやすい仕事の教え方/林博之

[第9回 学習支援〜実演する・説明する・実行させる・評価する(1)〜]
誰に対しても応用できる仕事の教え方について、わかりやすく解説します。教え方を学ぶことは、人材育成や定着の施策を考える上でも有効です。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook