「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

問いから考えるパートアルバイト採用・定着

第4回「新人が辞める2大原因と対策」

パート・アルバイトスタッフを「いかに採用し、定着させるか」について、押さえなければならないポイントや、施策を考えるヒントなどを解説します。

< 1 2 >

★今月の問い
なぜ、新人パートアルバイトさんはすぐ辞めるのか?

 

 パートアルバイトさんの求人・定着にお困りの現場に行くのが私の仕事。今月お伺いした200店ほどの小売店チェーン店さんでは、応募者数は前年の4倍に増え、退職者数は前年の90%程度にとどまっています。結果として、少しずつですが、パートさんの確保に改善が見られるようになってきました。

 

 とはいえ、応募者数は増えましたが、全員が採用に至るわけではありません。人手不足感は続いていますし、辞めるパートさんの人数もまだまだ多く、決して喜べる状況ではありません。引き続き力を入れていきます。

 

 さて、今月のこの問いにみなさんはどう答えますか。

 「なぜ、新人パートアルバイトさんはすぐ辞めるのでしょうか?」

 

 

 

 大抵のことは原因が分かれば、対策を講じることができます。

 みなさんの現場の新人パートアルバイトさんはいかがですか? 最初の1カ月で何人辞めていますか?

 

 そして、それはなぜでしょうか。「よーし! 辞めてやるぞ!」と覚悟を決めて入社するパートさんは1人もいないのに、1週間程度や数日でさっさと辞めてしまうのは一体なぜなのでしょうか。

 

●今月の答え
「思っていたのと違うんです」

 

 早期に辞めていくパートさんから聞こえる言葉はこれです。いろいろな意味で、思っていたのと違うようです。
 例えば、

 

・採用時に店長から聞いていた話と違う
・思っていたより大変だ(いろんな意味で)

 

 このあたり、私が調べた範囲ではよく聞こえてくる声です。

 このことから「即辞め(すぐ辞める)の原因」は

 

(1)「人間関係」の不安(この人たちとはムリ!)
(2)「仕事」の不安  (この仕事ムリ!)

 

 この2大原因が、すぐ辞めるパートさんの心を動かしたモトだと私は考えて、対策を講じています。

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

 

 


 

 

 

●文/赤沼留美子(あかぬま るみこ)
有限会社スマイル・ラボ パートアルバイト労働総合研究室代表。パートアルバイトさん専門マネジメントコンサルタント。
1995年、津田塾大学卒業後、株式会社ファミリーマート入社。店舗勤務を経て、当時5,000店10万人のパートアルバイトさんマネジメントのしくみ(オペレーション基準・採用・現場訓練・評価)づくりと普及業務に約10年携わる。2005年独立。苦学生時代の豊富なアルバイト経験(20 種類超)と、前職で培ったノウハウとを活かし、パートアルバイトさんを主戦力とする企業のサポート活動を行う。顧客企業は宝飾品販売店(400店)、レンタカー(800店)、雑貨店(50店)、スーパー(40〜200店)、コンビニ(300店)など多岐に渡る。小学生3人の母。
http://part-soken.com/

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

シゴトの風景

[第66回「会社倒産で、経営者から一般社員に」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

問いから考えるパートアルバイト採用・定着

[第6回 パートのボス化を防ぐ極意]
パート・アルバイトスタッフを「いかに採用し、定着させるか」について、押さえなければならないポイントや、施策を考えるヒントなどを解説します。

人材育成のツボ

[ネガティブ感情のセルフケアと企業支援]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook