「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働ニュースに思うこと

なぜ主婦パートなのか?

日々流れてくる労働関連の多彩なニュース。本コーナーは、アイデム人と仕事研究所の所員が、そうしたニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

< 1 2 3 >

 大手コンビニエンスチェーン、ファストフードチェーンなど、今まで学生アルバイトなどの若年層を採用ターゲットとしてきた業界を中心に、主婦パートをターゲットにした採用戦略を掲げる企業が増えてきました。

 

 

なぜ主婦パートなのか?

 

 「働きたくても働けない」という、潜在的労働力の獲得を目指してのことではないでしょうか。

 総務省統計局の労働力調査によれば、非労働力人口(15歳以上人口のうち、就業者と完全失業者を除いた人口)のうち、就業希望がある(実際には求職活動していない)人口は、男性106万人に対し、女性は266万人。「働きたいと思っている不就労者」は女性が男性の倍以上となっています。

 

 女性が求職活動を行なっていない理由は「勤務時間・賃金などが希望にあう仕事がありそうにない」が31万人で全体の11.7%、「出産育児のため」が88万人で33.1%となっています(労働力調査)

 

 仕事探しをしているにもかかわらず、企業と条件がマッチングしない場合もあり、完全失業者(女性)の仕事に就けない理由は「勤務時間・休日などが希望とあわない」が全体の22.6%、「希望する種類・内容の仕事がない」が26.2%となっています。

 このように多くの女性が、家事・育児等の理由で勤務時間や勤務日が都合に合わないために就労できない、就労をあきらめている事がうかがえます。

 

 

 

 

 実際に、当社の調査(パートタイマー白書平成24年版 第2章では、結婚時に正社員として働いていた20〜40代の既婚女性を対象に「結婚をきっかけに働き方を変えたか?」と聞いたところ、正社員として働き続けた女性は約半数にとどまっています。残りは、専業主婦、パート・アルバイトに転換した割合が半数ずつとなりました。さらに、妊娠・出産・育児をきっかけに無職または正社員以外の働き方に変えた女性が約半数(その8割程度が専業主婦に転換)。正社員で働き始めた女性の多くが専業主婦に転換していくといった姿が見えています。

 

 また、この結果が物語るように、主婦がパート・アルバイトとして働く理由は、一貫して「都合の良い日(時間)に働きたい」「家事・育児との両立」が上位を占めます(パートタイマー白書 平成29年版 第1章)。企業側は、このような状況を受けて「働きやすい」環境を整備して、潜在的な労働力の獲得を目指しています。

 

 当社が発行した求人広告のデータから勤務時間を集計してみると、少しずつではあるものの、一勤務が4時間未満の比較的短いシフトの割合が増加しているのが分かります。とりわけ、販売職では2010年に30.1%だったものが、2016年には43.4%と13ポイント以上の増加となっています。このように、柔軟なシフトを展開する企業も増えてきました。

 

 

 

 

>>以降のページでは

◆今後は様々な志向に合わせた働き方の提供が必要

◆パートの質的な変化への対応は?

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

 


●文/岸川 宏(きしかわ ひろし)
アイデム人と仕事研究所 所長/社会保険労務士
大学卒業後、リゾート開発関連会社へ入社。飲食店部門での店舗運営を経験後、社会保険労務士資格を取得。社会保険労務士事務所にて、主に中堅・小規模企業の労務相談、社会保険関連手続きに従事した。
1999年、アイデム人と仕事研究所に入社。労働環境の実態に迫る情報提供を目指し、社内・外への情報発信を続けている。2015年4月より現職。

< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[“子どもは欲しくない”アラサーが増加!?]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第9回「労使協定」届出の重要性について]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

わかりやすい仕事の教え方/林博之

[第9回 学習支援〜実演する・説明する・実行させる・評価する(1)〜]
誰に対しても応用できる仕事の教え方について、わかりやすく解説します。教え方を学ぶことは、人材育成や定着の施策を考える上でも有効です。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook