「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働ニュースに思うこと

改正労働契約法「無期転換」への準備はできていますか?

日々、流れてくる、労働関連の多彩なニュース。本コラム欄では、アイデム人と仕事研究所の所員が、そうしたニュースに触れて「思うこと」を、持ち回りで執筆します。

< 1 2 3 4 >

 2013年4月1日の改正労働契約法の施行により、有期労働契約が5年を超えて反復更新された場合は、有期契約労働者の申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換されることになります。
 いわゆる5年ルールと呼ばれているもので、2018年4月1日以降、本格的に発生してきます。

 

 2012年に公布された改正労働契約法を簡単におさらいしておくと、改正の趣旨は、「有期労働契約の反復更新の下で生じる、雇い止めに対する不安を解消し、また、期間の定めがあることによる不合理な労働条件を是正することにより、有期労働契約で働く労働者が安心して働き続けることができる社会を実現するため」で、ポイントは以下の3つとなっています。

 

【労働契約法改正の3つのポイント】
(1)有期労働契約の期間の定めのない労働契約への転換(第18条)
(2)「雇い止め法理」の法定化(第19条)
(3)期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止(第20条)

 

 上記(1)の無期転換の流れを下図のような具体例でみると、
 例1)2013年4月1日に1年間の労働契約を締結した場合、以降1年契約を5回更新した2018年4月1日の段階で、有期契約労働者に無期転換申込権が発生します。当該契約期間1年の間に、労働者からの申込によって、有期労働契約が満了する翌日、2019年4月1日より無期労働契約に転換されます。

 

 例2)同じく2013年4月1日に3年間の労働契約を締結した場合、次の3年契約を更新した2016年4月1日の段階で、有期契約労働者に無期転換申込権が発生します。当該契約期間3年の間に、労働者からの申込によって、有期労働契約が満了する翌日、2019年4月1日より無期労働契約に転換されます。

 

 

【図1】無期転換の流れ

 

 

 労働者から無期転換の申込があった場合、事業主は申込を承諾したものとみなされ、その時点で無期労働契約が成立します(実際に無期労働契約となるのは、当該有期労働契約の満了日の翌日から)。つまり、無期転換申込権が行使された場合、事業主は拒否できないのです。

 

 なお、無期転換申込権の発生を避けるために、事業主が、有期労働契約の満了前に更新期間年限や更新回数の上限などを一方的に設けて雇い止めをすることは、上記(2)「雇い止め法理」の法定化により、認められない可能性が高いと思われます。

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です。

 


 

 

 

●文/小杉雅和(こすぎ まさかず)
アイデム人と仕事研究所
【担当分野】賃金統計・アンケート調査等の作成、分析。

< 1 2 3 4 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[クレームを引き寄せない人づくり]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。

シゴトの風景

[第79回「アラフォーの転職」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

ゼロから学ぶ人事評価/真田直和

[第1回「評価制度はうまく機能していますか?」]
人事評価制度は運用が難しかったり、形骸化するなど、実際に機能させるのは簡単ではありません。本コーナーは、実際の運用を念頭に置いた制度作りをゼロから解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook