「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

外国人スタッフの定着と戦力化を図る/淺海一郎一覧

  • 外国人スタッフの定着と戦力化を図る/淺海一郎一覧

採用した外国人スタッフに定着して、戦力として活躍してもらうために、企業が準備すべきことや、考えておかなければならないことなどを解説します。

2021年01月07日第10回「給与明細の見方を説明できますか?」
 前稿に続き、主に外国人スタッフ採用後のトラブルを未然に防ぎ、働きやすい環境や良好な人間関係を整えるための有効な手段の1つとして、自社のルールや給与制度、就…続きを読む
この記事のキーワード
2020年11月26日第9回「働き方」の文化ギャップ
 本稿では、主に外国人スタッフ採用後のトラブルを未然に防ぎ、働きやすい環境や良好な人間関係を整えるための有効な手段の1つとして、外国人スタッフに伝えてほしい…続きを読む
この記事のキーワード
2020年10月29日第8回「採用の質を高める! 面接官のための日本語講座(2)」
 前稿では、外国人材の採用面接における面接コミュニケーションのうち、「面接官の話し方の基本」について扱いました。今回は、同じ採用面接の中でも、そもそもどんな…続きを読む
この記事のキーワード
2020年10月01日第7回「採用の質を高める! 面接官のための日本語講座(1)」
 早いものでこの連載も半年間がたち、いよいよ折り返し地点を迎えました。法務省の9月1週目の統計を見ると、対象国はまだ限定的ですが、再入国ではなく、就労を目的…続きを読む
2020年09月03日第6回「伝わりやすい日本語は、信頼関係の第一歩」
 前回は、日本語が「省エネ言語」であり、その特性上、どうしても話し手ではなく聞き手にコミュニケーション上の負担を強いる傾向にあることを確認しました。今回はこ…続きを読む
2020年07月30日第5回「外国語としての日本語〜上司の言葉遣いが業務効率を左右する〜」
 対象が国内の外国人留学生でも、海外の技能実習生や高度人材でも、外国人を採用した企業が共通して不安視することの1つが、外国人材とのコミュニケーションです。弊…続きを読む
この記事のキーワード
2020年07月02日第4回「オンライン採用を考える」
 政府の緊急事態宣言解除からしばらくたち、ビジネス全体も少しずつ元に戻ろうとしている段階にあると思います。コロナ禍にあって、各企業さまざまなことに取り組まれ…続きを読む
この記事のキーワード
2020年06月04日第3回「テレワークにおける日本企業の課題」
 5月末現在、緊急事態宣言が解除された状況にはありますが、各地で予断を許さない事態が続いています。また医療現場などでは緊迫した状況の継続が見込まれます。この…続きを読む
2020年04月30日第2回「テレワークと外国人スタッフ」
 コロナ禍は、あまねく外国人雇用を進める企業にも大きな影響を与えています。多くの外国人アルバイトの仕事は失われ、また事業自体が大きく停滞している企業では、外…続きを読む
2020年04月02日第1回「外国人雇用がうまくいくかどうかのカギ」
 今月から連載を担当します、内定ブリッジ株式会社の淺海(あさみ)です。外国人スタッフの雇用を進める日本企業に対するコンサルティング事業を自社で行っている他、…続きを読む
この記事のキーワード

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[研修の成否は、実施前に決まる]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

シゴトの風景

[第106回「ワガママすぎるベテラン社員」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

はたらくりっぷ

[『逃げ恥』平匡さんは、育休を切り上げなくてもよかった!?]
社会で働くときに、知っておきたいこと、身につけておきたいこと、考えておきたいことなどを解説したり、考察します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook