「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アンケート調査

  • アンケート調査
  • 子供のキャリア観と親の働く姿に関する調査(中学校1-3年生編)

2019年02月13日

子供のキャリア観と親の働く姿に関する調査(中学校1-3年生編)

<中学校1-3年生編・詳細>親の働く姿と子供のキャリア観への影響について調査しました。

この調査の全文データはこちら

子供のキャリア観と親の働く姿に関する調査(中学校1-3年生編)

〜家族との食事コミュニケーションが、子供のキャリア観醸成のきっかけに〜


【子供への調査】


●働く父親・母親は楽しそうか

 ☆家族揃っての食事回数が多くなるほど、働く親を「楽しそう」とポジティブに捉える傾向


父親を見て・・・「楽しそう(どちらかと言えばも含む)」 計44.8%

母親を見て・・・「楽しそう(どちらかと言えばも含む)」 計48.6%


「楽しそう(どちらかと言えば含む)」の割合

父親:食事回数「1〜3回」 33.1% → 「16回以上」 53.1%

母親:食事回数「1〜3回」 40.5% → 「16回以上」 51.6%


 

●働く父親・母親への憧れ

☆家族揃っての食事回数が多くなるほど、親への憧れが強くなる傾向


父親を見て・・・「あんな大人になりたい(どちらかと言えばも含む)」 計42.0%

母親を見て・・・「あんな大人になりたい(どちらかと言えばも含む)」 計43.2%


「あんな大人になりたい(どちらかと言えば含む)」の割合

父親:食事回数「1〜3回」 31.5% → 「16回以上」 50.0%

母親:食事回数「1〜3回」 38.1% → 「16回以上」 54.6%


●将来働くことは楽しみか

☆家族揃っての食事回数が多くなるほど、将来「働くこと」に対してポジティブな傾向


将来働くことは「楽しみ(どちらかと言えばも含む)」 計70.0%


「楽しみ(どちらかと言えばも含む)」の割合

食事回数「1〜3回」 60.8% → 「16回以上」 72.1%

 

この調査の全文データはこちら

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。
コンテンツをご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

PDFのご利用について

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader(無料)が必要です。
インストールされていない方は、ご使用の際には、下記よりダウンロードしてください。
Adobe Reader (アドビ システムズ株式会社のサイトへ)
人気記事ランキング

人材育成のツボ

[「私はウニ」から始まる外国人労働者とのミスコミュニケーション]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第4回「最悪の事態を考える」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

シゴトの風景

[第88回「意表をつかれた異動辞令」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook