「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

マナバンク〜学びのヒント〜

癖・習慣を変えるにはまず“気づく”こと

ビジネスパーソンが抱えるさまざまな課題について、解決やキャリアアップにつながるヒントを学びます。(2020年4月23日)

 先日、私は書道教室でペン習字を体験しました。まずはひらがなを練習帳に50音順に書き出し、講師に添削していただきました。字の綺麗さに自信があったわけではないですが、自分自身、癖のある字という自覚はありませんでした。しかし、みていただくと自分の気づかなかった癖があったのです。

 

 ひらがなは、奈良時代を中心として使われていた借字に由来するそうです。その借字は、古代中国で発祥した漢字の音を借用して、日本語で書き表したものです。指導を受ける際、その元になる漢字を教わりながら、字の形を意識して書きました。例えば「ゆ」は、漢字の「由」が元になるそうです。下の画像は、私の書いたビフォーアフターです。

 

 

 

 

 正しい成り立ちを聞いた後にもともと書いていた字をみると、「由」ではなく、「申」に近いことに気が付きました。私のこれまで書いていた字も、もちろん間違いではありません。しかし、正しい形やその理由を理解することで、自身の癖に気づき、改めることができました。

 

 このことは、日々の生活だけではなく、ビジネスの場にも当てはまるのではないでしょうか。例えば、「○○さんの話し方、間違っているわけではないけど、少し気になる…」「言葉遣いや対応は正しいが、いつも声が暗い…」など、皆様の会社にもいらっしゃいませんか?

 

 明らかに間違っていることであれば指摘もしやすいでしょう。しかし、そうではない場合、特にマナーや振る舞いに関しては言いづらいことも多いと思います。当の本人は悪気なく行っていることが大半のため、そのまま目をつむっていたのでは改善は難しいでしょう。このような場合、私は外部による研修が有効ではないかと考えます。学び、知る機会を得ることで、自分自身で気づくことができるからです。

 

 特に弊社で実施している「第一印象アップ!電話応対の基礎トレーニング」では、録音機材を使い、ご自身の課題を自覚していただけることが特徴です。多くの受講者から、「自分の声や話し方を初めて聞き、改善点が明確になった」という感想を頂戴しています。「人に言われたから…」ではなく、本人が直したいと意識することが、改善の第一歩であり、最も重要ではないでしょうか。

 

 

 

▼【アイデムビジネスセミナーのご案内】▼

 

●まずはここから!基本ビジネスマナー
社会人としての意識と必須のマナーを身につけていただきます。
挨拶・言葉遣いを徹底トレーニング!現場を想定した実践練習を行います。
【大阪】6/10(水) 7/17(金) 8/27(木) 9/16(水)
【和歌山】5/21(木)
⇒詳細はコチラ

 

●第一印象アップ!電話応対の基礎トレーニング
録音機材を使用し、自身の話し方、応対の癖・問題点に気づくことができます。
最大16名で講師より丁寧なフィードバックが受けられます。
【大阪】7/9(木) 9/15(火)
⇒詳細はコチラ

 

 


 

 

●文/横越 有紀子(よこごし ゆきこ)
株式会社アイデム キャリア開発支援チーム 人材育成・研修プランナー/育休後アドバイザー
大学卒業後、アパレル会社に入社、6年半勤務。販売員として従事する中、店舗運営、現場での新人・後輩指導に携わってきた。上司からの教え、後輩指導を通じ、「人材育成」の大切さを痛感する。その後、「真剣に仕事に向き合う人の力になりたい」と考え、株式会社アイデムに入社。結婚、出産、育児休業を取得後、時短正社員として復職。復職後は、仕事と育児の両立に課題を感じ、育休後アドバイザーを取得。現在、企業様向けビジネスセミナーの企画・運営・事務局に従事している。

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第14回「コロナ禍をレジリエンスでコントロールする」]
メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

シゴトの風景

[第98回「29歳独身。私の仕事観」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

人材育成のツボ

[ポイントはえこひいき!? お客様に選ばれ続けるには?]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook