「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

働き方改革を実践する

生産性向上のキーワード (3)「3つの『る』をチャレンジ」

現在、政府が推進している「働き方改革」は、個人の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会の実現を目指すものです。企業は、具体的にどのように進めていけばよいのでしょうか。識者が、さまざまなアプローチから解説します。

< 1 2 >

 この連載では全4回で、それぞれ4つのキーワードを軸に職場の生産性向上のポイントをお話します。第3回目のキーワードは「3つの『る』」です。

 


改善、改革したい。それでも変わらない現場を変えるには?


 「働き方改革だ!」…政府や経営陣は叫ぶものの、誰も一歩踏み出そうとしない。このような職場は少なくありません。それもそのはず。「働き方改革」なる言葉がビッグワードすぎるからです。


「働き方改革しても、現場の私たちは得しないし…」
「政府が騒いでいるだけでしょ」
「そもそも、何をしたらよいのか分からないし」
「改革を検討している時間なんてありません」


 他人事のように思え、思考停止して当然。そうこうしているうちに、業務量は増え、人手も減って一層てんやわんやの状態に。
 一方、着実に改善を進めている職場もあります。そんな職場は、「3つの『る』」に取り組んでいます。末尾が「る」で終わる、3つの「る」。その3つとは、「やってみる」「やめてみる」「期限を決める」です。

 

 


(1)やってみる


 新しいやり方を取り入れてみる。

 

 

 


・試しに、Web会議システムを使って対面の会議を減らす
・リモートワーク(*会社以外の場所で遠隔で仕事を行う勤務形態)にチャレンジしてみる
・本で読んだ、会議のファシリテーション手法を試してみる
・メールの代わりにSlack(*ビジネス向けチームコミュニケーションツール)を使ってみる


 普段とは違う仕事のやり方にチャレンジしたり、新たなテクノロジーを使ってみないといままでの仕事のムリ・ムダ・おかしい!はなかなか見えてきません。


 意志をもって、新たなやり方を試してみる。やってみると、意外に自分たちの仕事のスタイルになじんだり、当初は想定していなかったメリットを感じることもあります。

 

 

 

 続きは次ページへ → (2)やめてみる (3)期限を決める 


※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

 

  


 

 

●文/沢渡あまね
あまねキャリア工房代表 業務改善・オフィスコミュニケーション改善士
早大卒。日産自動車、NTTデータ、大手製薬会社などを経て、2014年よりフリーランス。企業の業務プロセスやインターナルコミュニケーションの改善に関するコンサルティングや講演、研修などを行っている。著書に『職場の問題かるた』『職場の問題地図』(技術評論社)、『チームの生産性をあげる。』(ダイヤモンド社)など多数。
http://amane-career.com/

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[「定」の字がなくなる働き方が到来?]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第22回 時間外労働の上限規制(2)]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

monthly時事トピックス

[外国人が起業しやすい新たな制度を創設]
人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどを月ごとにピックアップしてご紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook