「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

働き方改革を実践する

生産性向上のキーワード (4)「常識をアップデートせよ!」

現在、政府が推進している「働き方改革」は、個人の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会の実現を目指すものです。企業は、具体的にどのように進めていけばよいのでしょうか。識者が、さまざまなアプローチから解説します。(2018年7月25日)

< 1 2 >

  この連載では全4回で、それぞれ4つのキーワードを軸に職場の生産性向上のポイントをお話します。最終回は「常識をアップデートせよ!」です。 

 

■「社員のモチベーションが〜!」「コミュニケーションが〜!」と嘆くその前に


「若手のモチベーションが低い」
「良いエンジニアが集まらない」
「エンゲージメント(会社や組織への帰属意識)の向上が課題」


 こう嘆く経営者が増えてきました。「働き方改革」ブームの下、長時間労働は減りつつある。休みも取れるようになってきた。ところが、強制的に残業を減らしたところで、仕事はラクにならない。給与もなかなか上がらない。あるいは、成長機会が得られない。いまや企業の関心は、徐々に社員のモチベーションや社内コミュニケーションにシフトしつつあります。


 モチベーションが上がらない会社。コミュニケーションが活性化しない。そんな組織には、ある大きな共通点があります。


「古いやり方を変えようとしない」


 言い方を変えれば、常識をアップデートできていない。過去の常識にこだわっていて、進化できない組織は社員(のみならず家族や取引先)のモチベーションを下げて当然。

  いくつか残念な実例を見てみましょう。

 

 


■50代の常識、20代の非常識

  

             

 

                                                                          

 20代〜30代のモチベーションの低さ。さまざまな現場で課題になっています。ところが、多くの経営者やシニアな管理職が残念ながら間違った方向に進もうとしています。


 ある20代の社員(複数)から聞いたお話をそのまま。情報共有と意思決定をしやすくするために、チャットツールの導入を提案した。先進的なIT企業や、最近では老舗の大企業でも使い始めて効果を出している会社がある。若手や中堅社員は、チャットツールを使い慣れているのでちょっとした気づきや情報も発信しやすい。報連相のハードルも下がる。相手が不在でも、時間差で対話できる。コミュニケーション活性化とナレッジ共有の効果も期待できる。なにより、新しいことにチャレンジしてみたい。そう思って上司に提案したところ…


「メールでイイでしょ」
「費用対効果は?」
「コミュニケーションとは直接顔を合わせてナンボだ!」


 見事に差し戻し。極めつけの一言が、
「それ、あなたが遊びたいだけでしょ?」


 彼ら/彼女らは善意で提案した。にもかかわらず、自分たちの常識で判断して否定する。

「もう二度と、改善提案なんてしません」
「この会社にいたら、どんどん時代遅れの使えない人材になりそうで怖いです」
 彼ら/彼女らはこう嘆いていました。


 20代〜30代のモチベーション向上策を、50代〜60代が考えたところでたいていハズします。やり方を含めて、若手に権限委譲してはいかがでしょうか?

 

 


※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
 次ページ→「事務職の常識、エンジニアの非常識」 

 

 


 


●文/沢渡あまね
あまねキャリア工房代表 業務改善・オフィスコミュニケーション改善士
早大卒。日産自動車、NTTデータ、大手製薬会社などを経て、2014年よりフリーランス。企業の業務プロセスやインターナルコミュニケーションの改善に関するコンサルティングや講演、研修などを行っている。著書に『職場の問題かるた』『職場の問題地図』(技術評論社)、『チームの生産性をあげる。』(ダイヤモンド社)など多数。
http://amane-career.com/

                                                               

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

シゴトの風景

[第81回「社長からのメール」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

人材育成のツボ

[実は簡単? 驚くほど仕事がうまくいく「聴き方」]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。

ゼロから学ぶ人事評価/真田直和

[第3回「現実にあった制度の作り方〜現状分析編〜」]
人事評価制度は運用が難しかったり、形骸化するなど、実際に機能させるのは簡単ではありません。本コーナーは、実際の運用を念頭に置いた制度作りをゼロから解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook