「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

実務で役立つ労働法/田代英治一覧

  • 実務で役立つ労働法/田代英治一覧

労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

2018年11月28日第21回 時間外労働の上限規制(1)
 働き方改革関連法では、労働基準法で時間外労働の上限規制について大きな法改正が行われました。主な改正内容と36協定締結などの実務上の留意事項について、2回にわ…続きを読む
この記事のキーワード
2018年10月31日第20回 パワハラの具体例
 職場のパワーハラスメント(以下「パワハラ」)の概念(前号参照)は、6つの行為類型に分類されます。パワハラの要素と考えられるもの、そうでないものを、厚労省の…続きを読む
この記事のキーワード
2018年10月10日第19回 職場のパワーハラスメント
 職場のパワーハラスメント(以下「パワハラ」)は、相手の尊厳や人格を傷つける許されない行為であるとともに、職場環境を悪化させることは周知の事実ながら、パワハ…続きを読む
この記事のキーワード
2018年09月05日第18回 副業・兼業に関する留意点
 副業・兼業(以下「副業等」)希望者は年々増えています。厚労省では今年に入り、長時間労働や労務提供の支障を招かないよう留意しつつ、希望に応じて幅広く副業等を…続きを読む
この記事のキーワード
2018年08月01日第17回 改正労働者派遣法の実務運用(2)〜平成30年9月30日以降〜
 改正法により派遣期間の制限が3年となり、平成30年9月30日以降、順次期間制限を迎えます。前回に続き、改正法にのっとった実務運用上のポイントを整理します。  …続きを読む
この記事のキーワード
2018年07月04日第16回 改正労働者派遣法の実務運用(1)〜平成30年9月30日以降〜
 労働者派遣法改正の施行から、平成30年9月30日で3年が経過します。それにあたり、厚労省から労働者派遣が適正に行われるよう、派遣労働者、派遣元、派遣先に対し、あ…続きを読む
この記事のキーワード
2018年06月06日第15回 懲戒処分を行うときの注意点
 企業活動において、従業員による非違行為(問題行為)への対応に迫られるケースが発生することがあります。今回は、社内において従業員の非違行為を対象に「懲戒処分…続きを読む
この記事のキーワード
2018年05月09日第14回 障害者法定雇用率の見直しについて
 この4月から障害者雇用に精神障害者の雇用が義務化され、法定雇用率の算定基礎に加わり、法定雇用率が見直されました。改正のポイントについて整理します。   &…続きを読む
この記事のキーワード
2018年04月04日第13回 無期転換ルール運用の留意点
 2013年4月に改正労働契約法が施行され、本年4月より一定の要件を満たす有期労働契約者に「無期転換ルール」が適用されます。今回は無期転換ルールの実務運用上、留意…続きを読む
この記事のキーワード
2018年03月28日第12回 有期労働契約の無期転換ルール
 2013年4月に改正労働契約法が施行され、本年4月より一定の要件を満たす有期労働契約者に「無期転換ルール」が適用されます。今回は、ルール適用の要件について整理し…続きを読む
この記事のキーワード
< 1 2 3 >

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[2019年4月から年次有休の取得義務化]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第21回 時間外労働の上限規制(1)]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

ココロの座標/河田俊男

[第32回「視線に耐えられない」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook