「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

実務で役立つ労働法/田代英治一覧

  • 実務で役立つ労働法/田代英治一覧

労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

2019年04月04日第25回 働き方改革関連法の罰則等
 4月1日、「働き方改革関連法」の多くが施行されました。中小企業にとっては時間的猶予があるものがあり、この間 先行事例の情報収集や各種助成金の活用(※)による…続きを読む
この記事のキーワード
2019年03月07日第24回 長時間労働者への医師による面接指導
 4月施行の働き方改革関連法では、産業医と産業保健の機能も強化されます(労働安全衛生法の改正)。具体的には医師による面接指導です。    指導の目的は、長…続きを読む
2019年02月07日第23回 年次有給休暇の時季指定義務
 労働基準法が改正され、本年4月より「年10日以上の年休を付与される者」に対し、付与年休のうち年5日を、使用者が時季指定して取得させることが義務付けられました。…続きを読む
2019年01月09日第22回 時間外労働の上限規制(2)
 今回は、36協定締結時の運用上の留意事項について整理します。施行日は2019年4月1日です(中小企業への上限規制の適用は2020年4月1日)。   (1)指針に見る労働…続きを読む
この記事のキーワード
2018年11月28日第21回 時間外労働の上限規制(1)
 働き方改革関連法では、労働基準法で時間外労働の上限規制について大きな法改正が行われました。主な改正内容と36協定締結などの実務上の留意事項について、2回にわ…続きを読む
この記事のキーワード
2018年10月31日第20回 パワハラの具体例
 職場のパワーハラスメント(以下「パワハラ」)の概念(前号参照)は、6つの行為類型に分類されます。パワハラの要素と考えられるもの、そうでないものを、厚労省の…続きを読む
この記事のキーワード
2018年10月10日第19回 職場のパワーハラスメント
 職場のパワーハラスメント(以下「パワハラ」)は、相手の尊厳や人格を傷つける許されない行為であるとともに、職場環境を悪化させることは周知の事実ながら、パワハ…続きを読む
この記事のキーワード
2018年09月05日第18回 副業・兼業に関する留意点
 副業・兼業(以下「副業等」)希望者は年々増えています。厚労省では今年に入り、長時間労働や労務提供の支障を招かないよう留意しつつ、希望に応じて幅広く副業等を…続きを読む
この記事のキーワード
2018年08月01日第17回 改正労働者派遣法の実務運用(2)〜平成30年9月30日以降〜
 改正法により派遣期間の制限が3年となり、平成30年9月30日以降、順次期間制限を迎えます。前回に続き、改正法にのっとった実務運用上のポイントを整理します。  …続きを読む
この記事のキーワード
2018年07月04日第16回 改正労働者派遣法の実務運用(1)〜平成30年9月30日以降〜
 労働者派遣法改正の施行から、平成30年9月30日で3年が経過します。それにあたり、厚労省から労働者派遣が適正に行われるよう、派遣労働者、派遣元、派遣先に対し、あ…続きを読む
この記事のキーワード
< 1 2 3 >

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第1回「思考と行動を変える」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

シゴトの風景

[第85回「若手社員に思うこと」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

人材育成のツボ

[相手との距離をグッと縮めるコミュニケーションとは?]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook