「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

実務で役立つ労働法/田代英治一覧

  • 実務で役立つ労働法/田代英治一覧

労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

2018年06月06日第15回 懲戒処分を行うときの注意点
 企業活動において、従業員による非違行為(問題行為)への対応に迫られるケースが発生することがあります。今回は、社内において従業員の非違行為を対象に「懲戒処分…続きを読む
この記事のキーワード
2018年05月09日第14回 障害者法定雇用率の見直しについて
 この4月から障害者雇用に精神障害者の雇用が義務化され、法定雇用率の算定基礎に加わり、法定雇用率が見直されました。改正のポイントについて整理します。   &…続きを読む
この記事のキーワード
2018年04月04日第13回 無期転換ルール運用の留意点
 2013年4月に改正労働契約法が施行され、本年4月より一定の要件を満たす有期労働契約者に「無期転換ルール」が適用されます。今回は無期転換ルールの実務運用上、留意…続きを読む
この記事のキーワード
2018年03月28日第12回 有期労働契約の無期転換ルール
 2013年4月に改正労働契約法が施行され、本年4月より一定の要件を満たす有期労働契約者に「無期転換ルール」が適用されます。今回は、ルール適用の要件について整理し…続きを読む
この記事のキーワード
2018年02月28日第11回 時間外労働に関する協定(36協定)の特別条項
 長時間労働是正が求められる中、時間外労働に関する協定(36協定)の重要性が再認識されています。今回は、36協定の「特別条項」に関する留意点についてまとめてみま…続きを読む
2018年01月31日第10回 時間外労働に関する協定(36協定)のポイント1
 長時間労働是正が求められる中、時間外労働に関する協定(36協定)の重要性が再認識されています。その反面、36協定には見落としがちな事項も少なくありません。今回…続きを読む
この記事のキーワード
2017年11月29日第9回「労使協定」届出の重要性について
 労働基準法等に基づき労使協定を締結したものの、行政への届出がなおざりになり、後日思わぬトラブルが生じることがあります。今回は労使協定の役割を踏まえ、届出に…続きを読む
この記事のキーワード
2017年11月22日第8回「無期転換ルール、適用後に備える」
 来る2018年4月1日、無期転換ルールの適用が迫っています。そんな中、今回は社内で整備しておく必要のある重要事項で特に注意すべき点について、まとめてみました。 &…続きを読む
2017年10月25日第7回 「マタハラ防止措置義務」実務運用のポイント
 2017年1月に男女雇用機会均等法、育児・介護休業法が改正されました。新たに妊娠・出産・育児休業等に関するハラスメントについても、事業主に防止措置を講じること…続きを読む
2017年09月27日第6回 2017年10月1日「育休最長2年への法改正」に備える
 これまで「育児・介護休業法」はたびたび改正されており、規定整備の遅れや事務の混乱の原因になりかねません。今回は、本年1月と10月の改正内容のアウトラインを整…続きを読む
< 1 2 >

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

シゴトの風景

[第75回「胸が痛くなった原因」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

よくわかる評価制度の作り方

[第3回「緊急度が低く、重要度が高いものに取り組む方法」]
人事評価制度を作る上での基本的な考え方から、評価シートの作成方法、実際の運用までを分かりやすく解説します。

人材育成のツボ

[居心地の良い職場をつくる「人間関係の良さ」とは?]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook