「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

人事労務関連ワード辞典

バブル世代

労働関連のトレンド用語を解説します。(2020年11月5日)

1960年代後半生まれ。2020年時の年齢は50〜55歳。
バブル景気(1986年〜1991年)の頃に社会人になった世代のこと。企業が大量一括採用を行ったため、空前の売り手市場となり、当時は大卒の半数以上が一部上場企業に入社したとも言われました。

 

<学校卒業後の進路>
大学進学率は30%前後で、短大や大学院への進学率もそれぞれ10%程度。

 

<働き方>
「男性は仕事、女性は家庭」という戦後からの価値観はまだ根強く、女性は専業主婦志向が多数派でした。一方で、1986年に事業主に採用・配置・昇進・定年・解雇などに関し「性別を理由にした差別の禁止」が定められた男女雇用機会均等法が施行。高校・短大を出て就職しても寿退社するのが一般的だった女性のライフコースに、大学を出て男性と同じように働くという選択肢が加わり、「均等法第一世代」とも呼ばれます。

 

 

バブル景気で、企業は新規事業開発や事業拡大を積極的に行っていたため入社当初から自由度が高く、様々な取り組みやチャレンジができた経験があります。しかし、バブルが崩壊すると大量採用で同期が多くいるためポスト不足や、教育費の削減・後輩不足のため、成長機会の不足などの問題が取沙汰されました。



※参考

団塊世代(1947年〜1949年生。現在70〜73歳)

・バブル世代(1960年代後半生。現在50〜55歳)

就職氷河期世代(概ね1970年〜1980年生。現在40歳〜50歳)

Z世代(概ね1996年以降生。現在〜24歳)

・ミレニアル世代(概ね1981年〜1995年生。現在25歳〜39歳。

 

・ロックダウン世代

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[改正理由から見る労働法の読み方]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

知識ゼロからのDX入門/渋屋隆一

[第2回「経営者に求められる3つの役割」]
近年、注目されているデジタルトランスフォーメーション(DX)について、言葉の定義から企業としての取り組み方まで、わかりやすく解説します。

繁盛店になる店舗マネジメント/岡本文宏

[第2回「視点を変える」]
店舗マネジャー、FCオーナーとして14年、商店主専門のビジネスコーチとして16年、合わせて30年間、現場に関わってきた著者が解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook