「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

人事労務関連ワード辞典

ロックダウン世代

労働関連のトレンド用語を解説します。(2020年11月26日)

新型コロナウイルス感染症の影響により、教育や就職の機会を失ったことで、将来にわたって労働市場で不利益を受ける可能性のある若い世代のこと。国際労働機関(ILO)が2020年5月に公表した、新型コロナウィルスが世界の労働に与える影響についてまとめた報告書で使用されました。

 

ILOによれば、教育面においては、コロナ禍による学校閉鎖などで、世界の若者のうち65%はコロナ前よりも学習量が減少。労働面では、働いていた18〜29歳の6人に1人が解雇または労働時間が0になり、雇用され続けている人でも労働時間は23%減ったとされています。

 

また、ロックダウン世代の悪影響は、その世代だけではなく、全世代に及ぶとされています。経済協力開発機構(OECD)のリポートでは、学校閉鎖や留学中止などで若者のスキル形成が遅れ、イノベーションの創出が進まず、その結果、今世紀中の世界のGDPが平均1.5%押し下げられると試算されています。

 

 

※参考

団塊世代(1947年〜1949年生。現在70〜73歳)

・バブル世代(1960年代後半生。現在50〜55歳)

就職氷河期世代(概ね1970年〜1980年生。現在40歳〜50歳)

Z世代(概ね1996年以降生。現在〜24歳)

・ミレニアル世代(概ね1981年〜1995年生。現在25歳〜39歳。

 

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[いつ求人を出せばいい?〜コロナ禍1年のデータから予測する2021年後半〜]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

繁盛店になる店舗マネジメント/岡本文宏

[第3回「企業文化で高い定着率を実現する小児歯科」]
店舗マネジャー、FCオーナーとして14年、商店主専門のビジネスコーチとして16年、合わせて30年間、現場に関わってきた著者が解説します。

知識ゼロからのDX入門/渋屋隆一

[第3回「まずはIT環境を整えよう」]
近年、注目されているデジタルトランスフォーメーション(DX)について、言葉の定義から企業としての取り組み方まで、わかりやすく解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook